ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

グァバダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

グァバダイエット〜食事 ダイエット〜


グァバダイエットとは、グァバの葉に
含まれる「グァバ葉ポリフェノール」が血糖値を下げ、
糖質が脂肪に変わるのを防ぐことができるダイエット方法

グァバの果実はトロピカルフルーツジュースで
有名であるが、ダイエットに効果があるのはグァバの葉の方。

食べ物を食べると、胃の中で糖質を分解してブドウ糖に
変換する酵素が分泌されるが、グァバの葉に
含まれる「グァバ葉ポリフェノール」にはこの酵素が
活性化されるのを抑える働きがあるので、糖質はブドウ糖に
変換されないため体内に吸収されず、脂肪に
変わる量も少なくなる。


またグァバの葉には、ポリフェノールのほか
ビタミン・ミネラル、葉緑素、葉酸、食物繊維が含まれており、
お茶にして積極的に飲むと良い。


【ポイント】

1)
お茶代わりに日常的にグァバ茶を飲む

2)
食物繊維が不足している人はグァバが最適

3)
グァバのエキスはサプリメントとしてとる

【グァバ葉ポリフェノールのひとあじ違った働きとは】

グァバの果実は、ビタミンCが豊富に含まれており、
トロピカルなジュースとして人気がありますが、
このジュースは、ダイエットには効果がありません。

ダイエットで注目を集めているのは果実のほうではなく、
グァバの葉っぱのほうなのです。

グァバの葉っぱは、長さ5〜17センチ、幅4〜8センチの
楕円形をしており、噛むと苦味や渋味があり、
とても食用にはなりません。

ただ、葉っぱは下痢や消化不良によく効くということで、
一部では薬用として利用されてきました。

中国では血糖値を下げることから、糖尿病の薬として
用いられてきたのです。

しかし、近年、グァバの葉っぱに
含まれる「グァバ葉ポリフェノール」が、血糖値を下げる効果が
あることがわかり、いちやく注目されるようになりました。

ポリフェノールは、お茶、ワインなどが有名ですが、
グァバ葉ポリフェノールはひとあじ違う働きがあります。

胃からは、食べものの糖質を分解してブドウ糖に
変換する酵素が分泌されますが、グァバ葉ポリフェノールは、
この酵素の活性化をブロックするのです。

糖質はブドウ糖に変換されなければ吸収されないため、
インスリンの分泌が抑えられるだけでなく、ブドウ糖が
脂肪に変わる量が少なくなり、結果的にダイエットに効果があるのです。

【グァバの葉っぱに含まれる有効成分のとり方とは】

グァバの葉っぱは、ポリフェノールのほか葉緑素、葉酸、
ビタミンA・B2・C・E・カリウム、食物繊維が含まれています。

中でも果実にもたっぷり含まれているビタミンCには、
抗酸化作用があり、循環器系の病気を防止したり、皮膚の老化を
防止する効果があります。

グァバの葉っぱは、一般的には乾燥させてお茶にして飲みます。

そのほか、葉っぱからエキスを抽出した健康食品もあります。

グァバ茶は、味はくせも匂いもなく、ほうじ茶のような
感じでとても飲みやすいです。

グァバ茶は日本茶と同じように、熱湯を注ぐだけでよく、
甘く、ほのかな香りがただよってきます。

また、冷蔵庫に保存して、冷えたお茶にしてもおいしく
飲むことができます。


<<日常的に摂取する方法>>

グァバ葉ポリフェノールを日常的にとるには、
まさにお茶代わりにグァバ茶を飲むのが手軽です。

しかも、グァバ茶は、ほかの健康食品よりかなり安いため、
ダイエットを長続きさせることができるのです。




キチン・キトサンダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

キチン・キトサンダイエット〜食事 ダイエット


「キトサン」(キチン・キトサン)とは、かにの殻を
主原料にしてつくられる 動物性の食物繊維です。

「二十世紀最大、最後の有効物質」と言われてい ます。

太っているのでやせたい、あるいはコレステロールや
血圧が高いので何と かしたいと思っている方なら、
キトサンをおすすめします。

キトサンは、ダイエット効果、生活習慣病の予防、
免疫力の活性化といっ た幅広い効能のある健康食品です。


【ポイント】

1)
油を食べすぎたと思ったら食後にとる

2)
とりすぎは栄養障害を起こすので注意する

3)
エビ、カニのアレルギーがある人はひかえる

キチン・キトサンダイエット効果

キチンはエビ、カニをはじめとして、昆虫、貝、
キノコにいたるまで、きわめて多くの生物に含まれている
天然の素材です。

地球上で1年間で1000億トンものキチンが生成されますが、
ほとんど利用されずにいました。

キチンをアルカリで処理するとキトサンが生成され、
このキチンとキトサンを合わせて「キチン質」と呼びます。

この膨大な資源をどう活用するか、いろいろ研究されてきました。

その結果、工業、農業分野などでキチン・キトサンを
さまざまな製品に加工する試みが行われるようになりました。

そして、キチン・キトサンは、ダイエットにも効果が
あることがわかったのです。

脂肪を含む食べものをとると、それを消化するために体内で
胆汁が出てきます。

胆汁にある胆汁酸やリン脂質は、食品中の脂肪と
混じり小さな油となりますが、この油はマイナスの
電気を帯びています。

そこへプラス電気のキチン・キトサンをとると、
油を吸着しておおってしまいます。

そしてキチン・キトサンの吸着した脂肪は、
そのまま吸収されずに体外に排出されます。

つまり、キチン・キトサンには脂肪の吸収を妨ぐために、
結果的にダイエットに効果があるということなのです。


キチンは、N-アセチル-D-グルコサミンが
β(1-4)結合した直鎖型の多糖類です。

キチン質は、かにやえびの甲殻や昆虫の外皮、いか・貝などの
軟体 動物の器官、キノコなど菌類の細胞壁など、地球上に
広く分布している生体高分子(多糖類)です。

また、土の中の糸状菌の菌体の中にもキチン質が
多く含まれています。

現在、一般的に利用されているキチン質は、かにの殻から
作られています。

かにの殻から炭酸カルシウム、タンパク質、色素などを
除いて精製したも のがキチンです。

さらにキチンからアセチル基を外して、抽出精製したものが
キトサンです。

かにの殻を化学処理でキチンを取り出しキトサン化するのですが、
その際 どうしてもキチンが残り、キチンとキトサンが
混じった状態になります。

そのためキチン・キトサンとふたつの物質名を
重ねて呼んでいます。


【他にもあるキチン・キトサンによる効果】

キチン・キトサンは、コレステロールの減少にも効果があります。

これは、胆汁酸の吸着と関係しています。

体内のコレステロールは、食物から摂取するよりも肝臓で
合成される量のほうがずっと多く、その合成は血液中の
コレステロール値にも影響します。

肝臓のコレステロールからつくられた胆汁酸は
キチン・キトサンと吸着し、排出されてしまいます。

肝臓のほうでは、排出された分の胆汁酸をコレステロールを
使ってつくることになるので、血液中のコレステロール値も
下がってくるわけです。


さらに、キチン・キトサンには免疫力を高め、
抗ガン剤の副作用をやわらげるといった作用があることが
確認されています。

また、キチン・キトサンは食物繊維なので、ダイエット
美肌の大敵である便秘の解消にも有効です。

市販されているキチン・キトサンは、力二、エビの殻を
原料としているので、カニやエビでアレルギー症状を
起こす可能性がある人は、摂取をひかえたほうがよいでしょう。

また、キチン・キトサンの過剰摂取は栄養障害を
起こす原因となります。脂質の中には、
ビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミン、
あるいはミネラルも含まれており、こうした成分まで
吸着して体外に排出してしまうからです。


<<キトサン摂取上の注意>>


キトサンは、かにの殻を原料としておりますので、
かにやエビでアレルギ ー症状を起こす可能性がある方は、
摂取を控えて下さい。

また、キトサンの過剰摂取(1日の目安量1gを
超えるもの)については、ビ タミンA、D、E、K等の
脂溶性ビタミンを吸着し、吸収を阻害すると考えられます。

目安量を大きく超えた量を数ヶ月間の長期にわたり
摂取するような極端な使用は、脂溶性ビタミン不足による影響が
発生する恐れがありま すので、ご注意ください。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。