ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

黒酢ダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

黒酢ダイエット〜食事 ダイエット


黒酢ダイエット」とは、黒酢をとっていると体が
アルカリ体質になり、いつまでも若々しさが
保てるというダイエット法です。

黒酢は1〜3年の期間をかけて熟成発行させて作られるため
アミノ酸が多く含まれています。
(通常、料理酢には、アミノ酸はほとんど含まれていない)

アミノ酸には20種類(タンパク質を構成しているもの)があり、
そのうちの9種類は人間の体内では合成できず、
食べ物から摂取する必要があります。

この9種類のアミノ酸のことを、必須アミノ酸と呼びます。

つまり、常に食物から摂取する必要があるアミノ酸のことです。


特に黒酢には、必須アミノ酸(アラニン、アルギニン、グロニン、
フェニールアラニンなど)が豊富に含まれていて、その中でも、
脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化する効果を持つ
BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれる物が多く含まれています。


BCAA(分岐鎖アミノ酸)は、バリン・ロイシン・イソロイシンの
三つのアミノ酸のこと

つまり、黒酢は、脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化させるため、
脂肪の吸収を抑え、脂肪の燃焼を促す働きがあります。

また、コレステロールや中性脂肪が減少して、
血液をサラサラにする効果もあります。


【ポイント】

1)
黒酢30ccを毎日飲むだけのダイエット

2)
酸っぱければ水で薄めてハチミツをたらす

3)
脂っこい料理に使うと脂肪分解の効果がある

【黒酢に含まれるアミノ酸の働きとは】

酢が体にいいというのは昔から知られていましたが、
近年、中国や九州・沖縄でつくられている黒酢が
健康食品として注目されています。

黒酢が身体にいいのは、発酵・熟成に1〜3年かけるため、
ダイエット効果があるアミノ酸が豊富に含まれているからです。

一般的に料理に使う酢は醸造酢にアルコ−ルを
混ぜた物がほとんどで、これらの酢にはアミノ酸が
ほとんど含まれていません。

黒酢に含まれるアミノ酸は、脂肪の吸収を抑える働きと
脂肪の燃焼を促す働きがあります。

そのため黒酢を日常的にとっていると、コレステロールや
中性脂肪が減少して、血液もサラサラになるのです。

黒酢に含まれるアミノ酸は若返り効果もあります。

アミノ酸が体内に取り込まれると、ヒト成長ホルモンと
いう大切なホルモンが分泌され、古い細胞を
新しい細胞に変えていきます。

ヒト成長ホルモンは年を取るにしたがって、
分泌が減っていくため、黒酢のアミノ酸を摂取することで、
いつまでも若さが保てるというわけです。

【酢の効用、「クエン酸サイクル」】

一般の酢に含まれているクエン酸はわずか0.2%ですが、
酢の主成分である酢酸とその他の有機酸のほとんどが、
体内に入るとクエン酸に変化するのです。

クエン酸は、体に悪影響を与える酸性物質と
結合してさまざまな酸に変化して、酸性物質を
分解する働きをします。

そして、再びクエン酸に戻り、同じように酸性物質を
分解していきます。

これが「クエン酸サイクル」と呼ばれる酢の効用です。

このサイクルがうまくいかないと、筋肉の中に乳酸が
たまりはじめて、疲労、筋肉痛、肩こりなどの原因となり、
さらに、体が酸性に変わってしまうのです。

つまり、日常的に酢をとっていると、体内の酸性物質は
減少して体はいつのまにか理想的なアルカリ性になり、
疲労もなくなってしまうのです。

黒酢ダイエットの方法は、黒酢30ccを1日1〜3回飲むだけです。

ただ、酸っぱくてそのまま飲めないという人は、
水で薄めてハチミツをたらすと飲みやすくなります。

いわゆるハチミツレモンです。

黒酢といえば中華料理です。

油に黒酢を加えることにより油の粒子が細かくなります。

そうすると、分解酵素が働きやすくなり、油は体内に
蓄積されることなく、すぐにエネルギーとして
消費されていくのです。


<<黒酢に含まれる酢酸の働き>>

お酢がすっぱい味がするのは、酢酸という物質が
含まれているためです。

その酢酸には、細胞内でエネルギーを作るクエン酸回路を
活発にする作用があります。

クエン酸回路では、エネルギーの原料として糖類や脂肪が
燃やされるため、お酢を摂るとダイエット効果
期待できるのです。

アミノ酸が豊富な黒酢を摂れば、糖と脂肪を燃やすクエン酸との
相乗効果でさらなる効果が期待できます。

りんご酢などでもダイエット効果はありますが、
特にアミノ酸が豊富な黒酢ダイエットが有名です。


<<効用>>

・冷え性に効く。体温が上がる
・排尿を促し、むくみが取れる。美顔になる
・血液サラサラ。健康いきいき


<<黒酢の摂り方・方法>>

1日に必要なお酢の摂取量は30ml。大さじ約2杯分の量です。

これを摂取するには、「飲む」のが一番簡単です。

トマトジュースグレープフルーツジュースなどに混ぜて
飲めば美味しく飲めます。





ハチミツダイエット〜食事 ダイエット〜


食事ダイエットの種類】

ハチミツダイエット〜食事 ダイエット


ハチミツダイエット」とは、昔から健康食品として
愛用されていたハチミツのグルコン酸、豊富なビタミン、
ミネラルで体を中から変えていくダイエット法です。


ハチミツは、腸内のビフィズス菌を増やす効果があるうえ、
栄養バランスに優れているのでダイエットに有効です。

ハチミツは胃腸に負担をかけず、素早く吸収されるので、
プチ断食のときの栄養補給にピッタリです。

また、砂糖と比べて低カロリーなので、砂糖代わりに使って下さい。

すべての料理、デザートに使えます。

煮物にハチミツを使うと驚くほどコクのある味になります。

ハチミツは使わないでおくと固まってしまいますが、
50〜60度で温めれば、再び液状になり、
自然に冷ませば元のようになります。



【ポイント】

1)
砂糖代わりにハチミツを使う

2)
美容、健康にも利用できる

3)
固まったハチミツは湯せんすれば元に戻る


【便秘解消に効くグルコン酸とオリゴ糖】

ハチミツといえば、まず殺菌・抗菌作用に
すぐれていることをあげなければいけません。

これは、グルコン酸という有機酸の働きによるものです。

グルコン酸は有機酸の中で唯一、腸内の
善玉菌であるビフィズス菌を増やす働きをするのです。

ビフィズス菌が増えれば、おなかの中は快調そのものとなります。

また、ハチミツの糖はブドウ糖、果糖のほかオリゴ糖も
含まれています。

オリゴ糖には、ビフィズス菌を増やす効果があり、
グルコン酸との強力コンビで女性の大きな悩みの
便秘を改善してくれます。

ただハチミツだけで必要量のグルコン酸をとろうとすると、
カロリーオーバーになるので、ヨーグルトなどと
一緒に食べるとよいでしょう。

ハチミツは胃腸に負担をかけず素早く吸収されるので、
プチ断食のときの栄養補給にピッタリです。

また、砂糖と比べて低カロリーなので、
砂糖代わりに使うのもよいでしょう。

【ハチミツに豊富なビタミン・ミネラル】

ハチミツのもうひとつの特長は、ビタミンが
豊富に含まれていることです。

ハチミツのビタミンは少量で効果が高いことで
知られており、B群、Cなど10種類も含まれています。

しかも、ハチミツのビタミンは、ビタミン同士が
最大限に相乗効果を発揮するのに最適なバランスで
配合されているのです。

また、ミネラルも豊富に含まれています。
ミネラルは、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛など
12種頬も含まれていて、このミネラルによって、体内の
ビタミンを効率よく働かせることができるのです。

そして、ハチミツには強い抗酸化作用が
あるポリフェノールが含まれています。

ハチがミツを作るとき、フラボノイドから糖が
取れた状態になり、糖が取れると、抗酸化性がさらに
強くなるのです。

ハチミツの使い方がわからないという人が多いようですが、
ハチミツは砂糖代わりとしてすべての料理、デザートに使えます。

煮物にハチミツを使うと、驚くほどコクのある味になります。
ハチミツは食べるだけでなく、美容や健康にも
役立てることができます。

ハチミツは使わないでおくと固まってしまいます。

しかし固まったハチミツは、決して捨ててはいけません。

ポリ容器の場合は、耐熱の容器に移して、50〜60度に
沸かしたお湯の中で湯せんすると、ハチミツが液状になるので、
自然に冷ませば元のようになります。

ハチミツは砂糖と比べカロリーが低いので、
料理を作るときなどは砂糖の代わりとして使えばカロリーを
抑えられます。

最近ではハチミツ黒酢を混ぜたものも販売されています。

またはちみつヨーグルトと混ぜても効果的です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。