ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ヨーグルトダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

ヨーグルトダイエット〜食事 ダイエット


ヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトを摂取することで
腸の働きを活発化させ、体内で蓄積された廃棄物を体
外へ排出し、便秘や下痢を改善・予防ができる、いわば
腸をお掃除してくれるダイエット方法です。

【ポイント】

1)
週末プチ断食にも使える

2)
マグネシウムを補給すればさらにパワーアップ

3)
1回にたくさん食べないで1日数回に分けて食べる


【ヨーグルトのダイエット効果】

ヨーグルトというと、乳酸菌の効果で
整腸作用があるということは、もはや誰でもが
知っていることです。

乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やして、腸内細菌のバランスを
改善してくれるので、便秘を改善する効果があり、
いつもすっきりおなかになれます。

2005年、ヨーグルトを食べると体脂肪率や体重が
減少するという報告が注目を集めました。

一般的に乳製品をたくさん食べると脂肪が
増えるといわれていますが、ヨーグルトに
含まれているカルシウムがダイエットに効果的ということが
わかったのです。

ヨーグルトは、乳酸菌ではっ酵する過程で
牛乳中のたんばく質が分解され、カルシウムが
乳酸と結びつき乳酸カルシウムという消化吸収しやすい形に
なるため、牛乳よりカルシウム吸収率も高いのです。

体内に十分なカルシウムがあると脂肪が増えにくく、
脂肪の分解が進み、その結果、脂肪細胞が小さくなるのです。

さらに、カルシウムの摂取量が多いと、カルシウムと
くっついて便で排出される脂肪の量が多いということも
研究でわかっています。


【効果的なヨーグルトのとり方】

ヨーグルトは、1日500グラムとることが理想的で、
そうすると、カルシウムを600ミリグラム摂取することになります。

ただし、1回に500グラムを食べるのではなく、
朝食代わりに200グラム、昼食と夕食前に150グラムというように、
数回に分けて食べるほうが効果的です。

ヨーグルトを使った週末プチ断食という方法もあります。

土曜・日曜日の3食を100〜120グラムの食べきりサイズの
プレーンヨーグルトだけにします。

そのほか、ビタミン、ミネラルはサプリメントで
補給して、十分な水分補給をします。

このような週末プチ断食をするときは、
前日の金曜日と週明けの月曜日の食事を軽めの
和食にするのがポイントとなります。

ダイエットで食べるヨーグルトは、低脂肪、低糖の
プレーンタイプにします。

カルシウムを強化したものも市販されています。

また、ナッツなどマグネシウムを含んだ食品、
ドライフルーツなど食物繊維をたっぶり含んだ食品を
トッピングすることで、ヨーグルトがさらにパワーアップします。

ヨーグルトは、一気に食べると下痢をすることもあります。

腸が敏感な人は、ゆっくり食べるようにし、
また、下痢が続くようなら、そのヨーグルトに含まれている
乳酸菌と体の相性が悪いということになります。

ほかのヨーグルトに変えてみたほうがよいでしょう。


<<アロエヨーグルトはお勧めです。>>

ヨーグルトに含まれる善玉菌は、胃を通過するときに
胃酸にダメージをうけてしまうそう。

しかし、アロエと一緒に摂取することで、胃酸の影響を受けにくくより
多くの善玉菌が腸に届きます。

アロエは古くから薬草として重宝されており、別名
「医者いらず」とも呼ばれています。

アロエとヨーグルトを組み合わせれば、胃が弱い
方にもお勧めです。


<<やせるヨーグルトの作り方>>

1.
市販のプレーンヨーグルト400gにスキムミルク60gを加えて
混ぜ合わせます。この量で1日分です。

2.
乳酸菌を増やすために紙ナプキンと輪ゴムでふたをして
20度〜30度の室温で12時間程度寝かせます。

3.
乳酸菌たっぷりのやせるヨーグルトのできあがり!


<<さらにやせるヨーグルトの作り方>>

1.
水400ccを火にかけます。

2.
スキムミルク100gを混ぜ合わせます。

3.
40度位になったら鍋を火からおろして、プレーンヨーグルト
40gを加えてダマが出来ないようによく混ぜ合わせます。

4.
3を別の容器に移します。

5.
4を紙ナプキンと輪ゴムでふたをします。

6.
さらにタオルで包んで、40度位の温度を保てる所で
6〜8時間寝かせます。

7.
乳脂肪をほとんど含まないスーパーやせるヨーグルトの
できあがりです


【カスピ海ヨーグルトとは】

カスピ海ヨーグルトの特徴>

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、人間の健康のために
非常に有用な働きをすることは、よく知られるようになりました。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌も、さまざまな健康効果を
持っています。

家庭で手軽に作れ、酸味やヨーグルト独特の匂いがないことから、
ヨーグルトが苦手な方に食べることが出来ます。

カスピ海ヨーグルトに最も多く含まれているのは、
「クレモリス菌」(学名・ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス)という乳酸球菌です。 

クレモリス菌は、国内のヨーグルトにはほとんど使われていませんが、
チーズを作るときの種菌としてよく使われています。
ところがカスピ海ヨーグルトのクレモリス菌は、
乳酸を作ると同時に多糖体から成るネバネバとした物質を作り出し、
周囲に放出するという、ユニークな特徴を持っています。


この粘性物質には体の免疫機能を高めたり、
コレステロールを減少させる作用があるといわれています。
また消化に強く、分解されずに腸内にまで到達し、
スムーズに便を排泄させるという食物繊維のような
働きもあるそうです。

乳酸菌の働きにより腸の運動を盛んにし、
さらにこの粘性物質の働きが肥満の大敵である便秘を改善。

こうして体のなかからきれいさっぱり、
ダイエットにも一役買ってくれる、というわけです。

豆乳ダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

豆乳ダイエット〜食事 ダイエット


「豆乳ダイエット」とは、レシチン、サポニンなど
健康に役立つ成分たっぷりのダイエット食品である、
低カロリー、低脂肪、良質タンパクの豆乳を使った
ダイエット法です。

豆乳ダイエットは、低カロリー、低脂肪、
良質のタンパク質たっぷりの豆乳を毎日1杯以上飲んで、
食事の量を減らし、便秘を解消することが目的です。


豆腐の製造過程でできる豆乳には、オリゴ糖という成分が
含まれておりダイエットに大敵である便秘を解消する働きがある。

豆乳のカロリーは牛乳と比べるとカロリーが3分の2で、
タンパク質の量は牛乳より多く、脂質は少ない。

コレステロールが牛乳100グラム中12グラム含まれているのに対して
豆乳は0である。

豆乳の原料である大豆にはイソフラボンという成分が含まれており、
体内で女性ホルモンと同じような働きをするため、美肌、老化防止などに
効果があるといわれている。


【ポイント】

1)
ヨーグルトを混ぜれば吸収率がアップする

2)
フルーツと一緒にミキサーにかけて朝食代わりにする

3)
料理にも豆乳を使ってみる

【健康指向ドリンクとして定着した豆乳の働きとは】

豆乳ダイエットは、毎日豆乳を1杯飲んで、その分ご飯の量を
減らすものです。

とくに食前に飲むと満腹感があり、食事の量が抑えられて
効果的です。

豆乳は豆腐の製造過程でできるもので、主成分のタンパク質、
脂質などの含有率は牛乳とよく似ています。

このため昔から体にいいといわれていましたが、
大豆臭を除いた調製豆乳が発売されるようになり、
すっかり健康指向ドリンクとして定着しました。

豆乳の原料は大豆ですが、大豆にはイソブラボンという成分が
含まれています。

イソブラボンは、体内で女性ホルモンと似たような
働きをするため、老化防止、美肌効果などがあらわれるのです。

とくに、イソブラボンは更年期障害を軽くするということで、
注目を集めています。

そして、豆乳には、女性の大敵である便秘を
解消する働きがあります。

豆乳に含まれているオリゴ糖という成分は、
水分を吸着しやすい特長があります。

腸内細菌によってオリゴ糖が食べられると水分を放出し、
それによって、便が排出にちょうどよい水分量になるのです。


【コレステロール・ゼロ、豆乳の効果的なとり方】

豆乳が健康にいいという理由のひとつが、低力ロリーということです。

豆乳とよく似た牛乳の3分の2で、しかもタンパク質は牛乳より多く、
脂質は少なく、コレステロールはゼロなのです。

牛乳は、100グラム中12ミリグラムのコレステロールが
含まれています。

豆乳には、そのほか悪玉コレステロールを
やっつけるレシチン、体の酸化防止に効果があるサポニン、
フィチン酸など、数多くの健康に役立つ成分が含まれています。

まさに豆乳は、「健康のデパート」ともいえるでしょう。

豆乳は大豆製品の中で最も吸収率がいいのですが、
豆乳の吸収率をさらに高めるためには、乳酸菌の力を借りるため、
ヨーグルトを加えてもよいでしょう。

また、牛乳の代用と考えれば、いろいろな
バリエーションが考えられます。

バナナやイチゴと一緒にミキサーにかけたフルーツ豆乳は、
朝食に最適です。3時のおやつにコーヒーと
混ぜ合わせればコーヒー豆乳にもなります。

さらに、豆乳は料理にも使えます。

卵に豆乳を入れて焼き上げたオムレツは、
ふっくらと仕上がります。

また、冬には豆乳鍋にしてもよいでしょう。

豆乳は肉や魚の臭みを和らげてくれるので、
とてもさっぱりと仕上がります。

豆乳は、さまざまなタイプが市販されていて、
水で溶く粉末豆乳もあります。

よって、必ず自分の好みの味の豆乳に出合えるでしょう。

豆乳を選ぶときは、「豆乳」あるいは「調製豆乳」と
表示してあるものを選ぶようにします。


<豆乳は3種類あります>

1.無調整豆乳・・大豆を絞ったままの、濃度の高い豆乳です。

2.調整豆乳・・・糖類などを加えて飲みやすくした物で、
        濃度はチョット低め。

3.豆乳飲料・・・果汁などを加えたもので濃度は無調整の半分ほど。

もちろん、ダイエットには無調整豆乳を飲みましょう。
ちょっと高いですが効率的です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。