ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

キムチ納豆ダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

キムチ納豆ダイエット〜食事 ダイエット


キムチ納豆ダイエット」とは、日本と韓国の代表的な
発酵食品であるキムチと納豆を一緒に食べることで
乳酸菌と納豆菌の相乗効果が生まれ、よりダイエット効果
増すという方法で、納豆菌と乳酸菌の相乗効果で
最強のダイエット食品といえるキムチ納豆を
使ったダイエット法です。


【キムチ納豆ダイエットの効果】

キムチ納豆ダイエットとは、キムチと納豆を
混ぜて食べることでそれぞれに含まれる乳酸菌と
納豆菌の働きによってダイエット効果を得る方法です。

キムチに使われる唐辛子は脂肪を燃焼させる効果があり、
キムチに含まれるニンニクがビタミンB1の吸収を
高めて糖をエネルギーに変えていきます。

また納豆に含まれているビタミンB2が脂肪を効果的に燃焼し、
納豆に含まれている納豆キナーゼという酵素が
血液をサラサラにします。


【ポイント】

1)
1日1回食べればダイエット効果が得られる

2)
キムチと納豆を混ぜ合わせたら常温で1晩おく

3)
においが気になる人は夕食に食べる

【キムチ納豆は最強のダイエット食】

納豆とキムチは、日本と韓国の代表的な健康食品です。

この2つを合体させたキムチ納豆は、
最強のダイエット食として大ブレイクしました。

世界中に発酵食品は数多くありますが、
その中でも、生きた菌が入っている数少ない食品が、
納豆とキムチなのです。

微生物が生きているということは、
納豆やキムチには単なる栄養分だけでなく、
生きた菌に体調を整える力があるとも考えられます。


【納豆とキムチに豊富に含まれるもの】

納豆には、ビタミンB2が豊富に含まれています。

ビタミンB2は、脂質や糖質の代謝に関わっていますが、
大豆が発酵して納豆になると、
納豆菌の働きによってビタミンB2が生成されるのです。

ビタミンB2は脂肪を燃やすだけでなく、疲労回復、
肝機能の向上、二日酔いの防止、さらに肌を
きれいにする効果もあります。

納豆特有のネバネバには、ナットウキナーゼという酵素が
含まれており、血栓を溶かして血液をサラサラに
してくれる働きをします。

低エネルギー、低糖、低脂肪、良質なタンパク質や
食物繊維も豊富なので、納豆はダイエットにうってつけの
食べ物なのです。

キムチには唐辛子がたっぷり使われています。

この唐辛子に含まれる辛味成分のカプサイシンは、
アドレナリンを分泌させて体を興奮状態にして、
脂肪を燃焼させる効果があります。

さらにキムチのニンニクは、ビタミンB1の吸収を助け、
糖がどんどんエネルギーに変換されます。


【キムチ納豆の効果的な食べ方】

キムチ納豆の効果的な食べ方は、まず市販のキムチと
納豆をほぼ同量、よく混ぜ合わせます。

そして、常温で一晩おきます。一晩おくことによって
乳酸菌がどんどん増え、抗酸化作用、免疫力が上がり、
ガン予防にもなるのです。

納豆は納豆菌、キムチは乳酸菌がそれぞれ大量に
含まれています。

納豆菌を乳酸菌といっしょにとると、乳酸菌の増殖を
助けることがわかっています。

納豆菌が分解され、それを乳酸菌が
工サにして成長していくのです。

よって、キムチ納豆は乳酸菌を効率的に腸内に
とりこむということでも、非常に良い食べ合わせなのです。

ダイエットするためには、1日に1回キムチ納豆を
食べるだけという、簡単なことです。

本当は、朝食に食べるのが最適ですが、
においのことを考えると、夕食のほうがよさそうです。

キムチ納豆は、ガン予防のほか、
男性に多い心筋梗塞などの血管系の病気、
女性にとって深刻な悩みである骨粗鬆症などの
予防効果もあります。



<<ダイエット効果のある納豆の食べ方>>


<おろし納豆>

納豆に大根おろしを加えて混ぜ、食事の20分前に食べる。

食物繊維が多いため満腹感が得られるし、消化分解酵素を
大量に含んでおり栄養が効率よく吸収されるので、
食事自体を少ししか食べなくても大丈夫。


<わかめ納豆>

カルシウム・カリウム・マグネシウム・食物繊維
食物繊維・ミネラルがたっぷりです。

<もやし納豆>

食物繊維の増強により整腸。

すり胡麻をかければさらに食物繊維がをとれます。
老化防止にも。



発芽玄米ダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

発芽玄米ダイエット
〜食事 ダイエット


発芽玄米ダイエット」とは、玄米より食べやすく、
脂肪を燃やしてくれるアミノ酸ギャバが豊富な発芽玄米を
使ったダイエット法です。

発芽玄米は、玄米を水に1〜3日浸し、胚芽部分が
1mmほど発芽したものです。

発芽した玄米は、眠っていた玄米の酵素が起きて活発になり、
特にアミノ酸が増加します。

普通の玄米に比べて炊きやすく、消化吸収が良く、
独特の甘味が出て冷めてもパサパサしないのが特徴です。

発芽玄米の健康効果・ダイエット効果は近年、
特に注目されています。

【発芽玄米ダイエットのメカニズム】

発芽玄米は、玄米を水に浸し、適度な温度環境で
発芽させたもので、玄米・白米よりもエネルギー量が少なく、
同量の食事でも発芽玄米のほうがダイエットに効果があります。

これはエネルギーとなるデンプンが、発芽のために
糖化されることでエネルギー量が減少するからです。

玄米から発芽という命が生まれるプロセスの中で、
貯蔵型のエネルギーが活性型のエネルギーへと変化をします。

具体的には、玄米の胚芽や胚乳(白米の部分)にビタミンが増加し、
糖質が消化吸収されやすい状態に変化します。

この発芽した玄米の状態は非常に柔らかく、美味しく、
しかもビタミンやミネラルの消化吸収効率が極めて高くなり、
人間が食べたときの栄養価がぐんと上昇します。

これは、玄米の中のビタミン・ミネラルの吸収を
妨げているフィチン酸が、発芽の過程の脱リン酵素の働きによって、
リンとイノシトールに分解されるからです。

このため玄米中のビタミン・ミネラルが大幅に
吸収されやすくなっています。

ビタミン・ミネラル成分が効果的に吸収されると、
体内組織を活性化し、ダイエットに不可欠な基礎代謝能力を上げます。
つまり、太りにくく、リバウンドしにくい体質に改善するのです。

また、発芽玄米に含まれるアミノ酸は、脂肪の燃焼を促進します。

アミノ酸は、リパーゼという脂肪燃焼酵素を活発にします。

リパーゼには、脂肪を分解し血中に放出することで、
溜まっている内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる作用があり、
それが脂肪燃焼という形であらわれます。

さらに発芽玄米に含まれ、アミノ酸の一種である
『ギャバ(ガンマ-アミノ酪酸)』は、脂肪燃焼効果に加え、
抑制性の神経伝達物質として働き、ダイエット中にありがちな
過度の食欲やストレスを抑制します。

これら以外にも発芽玄米には、ダイエット・美肌の大敵「便秘」を
防ぐ食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は、満腹感を促す働きがあり、過食も防ぎます。

糖代謝・インシュリンの分泌を抑える働きもあり、
低インシュリンダイエット』の要素も兼ね備えているのです。


【玄米よりおいしい発芽玄米とは】

「発芽玄米」は、玄米を水につけて、1ミリ程度発芽させたものです。

玄米は発芽する過程で、休んでいた酵素の働きが活発化し、
成長に必要な栄養素がフル回転します。

そして、玄米の時よりも各種成分が増加するのです。

また、発芽玄米はとてもおいしいのです。

発芽すると、外皮がちょうどよい具合に柔らかくなり、
玄米より格段に食べやすくなります。

ほど良い歯ごたえによって、心地よい食感が得られます。


【発芽玄米に豊富なギャバについて】

発芽玄米が注目される一つの理由は、「ギャバ」という成分が
多く含まれることです。

ギャバは、アミノ酸の一種で、
正式名称はγ(ガンマ)アミノ酪酸といいます。

脳で生成され、脳の緊張を緩和したり、イライラを
防止することが分かっていました。

最近、ギャバに体内の中性脂肪を燃焼する効果が
あることが認められ、ダイエット食品として大人気です。

発芽玄米に含まれているギャバは、玄米の3〜5倍、
白米の10倍にもなります。

その他、発芽玄米は玄米・白米に比べて、
インスリンの分泌が少なく、これもダイエット効果があります。

食物繊維も6倍で、野菜不足を補うことができます。

マグネシウム、カルシウムといったミネラル分も
豊富に含んでいます。

発芽玄米は、もとよりイライラ防止など抑制性の
神経伝達物質として機能します。

それが、ダイエット中の過度の食欲やストレスを
抑えたり、リバウンドを防止してくれます。

また、血圧の上昇を抑え、腎臓や肝臓の機能を
高めるといった効果も持ちます。


【発芽玄米の食べ方】

発芽玄米は、白米と混ぜて炊きますが、
その比率は好みに合わせて自由でかまいません。

例えば、発芽玄米対白米が1対1、あるいは1対3などです。

発芽玄米は研がなくてもいいので、
軽く洗って、研いだ白米と混ぜて炊きます。

また、発芽玄米は、発芽率が高く、
100%発芽玄米のものを購入するとよいでしょう。


<<玄米と発芽玄米の違い>>

玄米から発芽した発芽玄米は、一番変化するものとして、
フィチン酸があります。

本来、玄米にはマグネシウム・カリウム・亜鉛・鉄・
ビタミン等含まれています。

玄米にはこれらの健康維持に欠かせないミネラルが
豊富なのにもかかわらず、フィチン酸によって
吸収されにくくなっています。

ところが、発芽させることでフィチン酸の形態は変化し、
ミネラル類の吸収力が上がります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。