ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

アミノ酸ダイエット〜食事 ダイエット〜

食事ダイエットの種類】

アミノ酸ダイエット〜食事 ダイエット


「アミノ酸ダイエット」とは、食品、サプリメントから
摂取できるアミノ酸には、脂肪を燃焼させる効果があることを
利用したダイエット法です。

ダイエット効果のある5種類のアミノ酸とは】

アミノ酸入り健康飲料に代表されるように、
アミノ酸ダイエットは今や大ブームです。

食べものに含まれているタンパク質は、
消化の過程でアミノ酸に分解されます。

そして、再びタンパク質に生成されて
筋肉などになっていきます。

人間の体を形成するアミノ酸には20種類あります。

これらのアミノ酸のうち、とくにダイエット効果が
あるのは、リジン、プロリン、アラニン、アルギニン、
グルタミン の5種類です。

この中でグルタミン以外は、脂肪を分解する酵素の
働きをします。

これらのアミノ酸が含まれているサプリメントを
活用するのもよいでしょう。

【アミノ酸を理想的に摂取できる日本食】

ご飯、みそ汁、納豆、豆腐といった日本食は、
理想的なアミノ酸のとり方と言えるでしょう。

米には7%のタンパク質が含まれ、リジンが
少なくメチオニンが多い。

逆に、大豆には、リジンが多く、メチオニンが
少ないという特徴があります。

これらを両方とることで必須アミノ酸を
バランスよく摂取することが可能となるのです。

【アミノ酸で効果的に脂肪を燃焼させる方法とは】

アミノ酸は、運動との組み合わで、より効果的に
脂肪を燃焼させます。

アミノ酸ダイエットとは、食事制限なし(腹八分は守る!)で、
運動することにより脂肪を燃やしたり、運動による筋力アップを
図り、基礎代謝量を上げ、脂肪を燃やしやすい体を手に
入れるというものです。

そこで、 運動前後のアミノ酸(BCAA)の摂取が、
筋肉トレーニングの疲れを翌日に残さないということに役立ちます。

それにより、毎日の運動量を増やす事が出来ることと、
ダイエットに対するストレス軽減につながります。

筋力トレーニングをすることが、このアミノ酸ダイエットに
対して一番大切なことです。

この筋力トレーニングにより、基礎代謝量が増加し、
太りにくい体となるからです。

効率よくアミノ酸をとるには、次のようにするとよいでしょう。

・日常の食事でアミノ酸の多い食品をとる。

・運動前にはサプリメントなどでアミノ酸を補給する。

また、運動中に体温が上がり過ぎないように気をつけましょう。

体温が上がると、アミノ酸が脂肪を燃やす酵素の働きが
鈍ってしまうからです。

したがって、汗をかくために厚着をするのはかえって
逆効果なのです。


アミノ酸ダイエットは、急激な体重減少はありませんが、
個人差はあるものの、3ヶ月間で5kg程度痩せて、
その後リバウンドしないというのが標準レベルと云われております。


【アミノ酸の美肌効果

肌の保湿に大きく貢献すると言われているNMFの主成分は、
アミノ酸です。 

肌のアミノ酸は、石けんで洗っただけでも減少してしまいます。 

水分が不足してカサカサと荒れた肌は、健康な肌に比べて
アミノ酸の量が少なくなっている状態と言われます。 

肌にアミノ酸を補給する意味で、最近ではアミノ酸を
配合した化粧品がたくさん見受けられるようになりました。





コーヒーダイエット〜食事 ダイエット〜


食事ダイエットの種類】

コーヒーダイエット〜食事 ダイエット

コーヒーダイエットとは、毎日コーヒーを
飲むダイエット方法です。

「コーヒーダイエット」は、コーヒーに
含まれるカフェインの効果を利用し、
1日に5杯前後のコーヒーを飲んでやせる
ダイエット法です。

【コーヒーに含まれるカフェインの効果とは】

コーヒーに含まれるカフェインには
ダイエット効果があり、1日に何杯もコーヒーを
飲むこのダイエット法は、コーヒー好きな人には
うってつけでしょう。

コーヒーのカフェインが体内に取り込まれると、
体内活動を目覚めさせるアドレナリンが分泌され、
このアドレナリンが脂肪細胞に働きかけて分解を促し、
血中に脂肪酸として放出されていくのです。

ただし、カフェインをとり過ぎると、不眠や興奮、
動悸などの弊害もあるので、体調に注意する事も必要です。

・コーヒーに含まれるカフェインの量として参考までに・・・・

生豆で重量の1.2%、炒り豆は1.3%、
インスタントコーヒーは0.8%です。

そして、ペーパードリップでいれた
レギュラーコーヒーで0.4%、インスタントコーヒーで0.01%です。

【コーヒーが苦手という人は】

コーヒーが苦手な人は、日本茶、紅茶などでもかまいません。

玉露や紅茶には、コーヒーよりも多くのカフェインが
含まれているからです。

ダイエットに必要なのはカフェインです。
カフェインが必要といっても無水カフェインの
錠剤などもありますが、これは、どちらかというと
“眠気覚まし”に使用することが多いので、少し系統が
違うかもしれません。


【ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方とは】

コーヒーダイエットでは、「ブラックで飲む」ことが大事です。
(缶コーヒーの場合も同様)

コーヒー自体はほぼ0カロリーですが、
ミルク、砂糖が入ると、脂肪、糖分も体内に取り込んでしまいます。

砂糖は1グラムで4キロカロリーあります。

コーヒー用のスティックシュガーは2〜8グラムなので、
8〜32キロカロリーとなります。

つまり1日5杯の砂糖入りのコーヒーで、
40〜160キロカロリーの糖分を取り込むことになります。

また、コーヒーは、「食前」、「運動前」に
飲むとより効果的です。

アイスで飲むと、腸の働きが低下してしまいますから、
必ずホットで飲みましょう。

食前の温かいコーヒーは満腹感が出てくるので、
食べすぎの予防にもなります。

通勤、買い物、仕事での外回りの前に飲むと、
体内の脂肪がより燃焼しやすくなります。

朝食前、外出前、昼食前、会社から帰宅する前、
夕食前にそれぞれ1杯ずつ飲めば理想的でしょう。


【 方法 】

1.
浅煎り豆のコーヒーを選択する。

2.
砂糖を入れるのは駄目!ブラック(無理ならミルクのみ)で
飲みましょう。

3.
食後にコーヒーを飲むように習慣付けましょう。

4.
入浴や運動前に飲むと、より効果が実感出来ます。

5.
3〜4時間程度でカフェインは消えてしまうので、
続けて飲む事が大切 です。

6.
1日4〜5杯は飲みしょう。

7.
クロロゲン酸は熱に弱いので、80〜90度で焙煎して下さい。

8.
アイスで飲むと、腸の働きが低下してしまいますから、
必ずホットで飲みましょう。

9.
タバコとの服用は絶対に禁止





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。