ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

納豆菌ダイエット

【食事ダイエットの種類】

納豆菌ダイエット食事ダイエット

納豆菌ダイエットとは、「とにかく楽にやせたい」というあなたにオススメなのが、この納豆菌ダイエット

食事制限や運動が必要なしで、ぐんぐんやせても体力が落ちないと、人気のダイエット方法です。

納豆菌ダイエットのポイントは腸内細菌です。

納豆菌は1週間ほどは、腸内に住みつきます。

ですから、毎日でなくても納豆菌を補給し続けて、いつも腸内に納豆菌がいる状態を作ります。

納豆菌を腸内で飼っておくと、他の善玉菌も増えて安定化します。

この腸内細菌、上に書いたように1キログラムもいます。

当然、餌も必要なのです。食物として食べた栄養を腸内細菌が餌として食べてくれるので、ダイエットになる。

これが納豆菌ダイエットの基本原理です。

原理はこうなんですが、納豆菌がダイエットにいい理由がもう一つあります。

上で腸内細菌の餌と書きましたが、納豆菌はブドウ糖が大好きなのです。

食物として摂取した炭水化物は、消化されやすいように小さな分子の物質に変えられていきます。

そして、最後にブドウ糖という形になり吸収されます。

このブドウ糖を納豆菌が食べてくれるのです。

だから、腸内細菌の中でも、納豆菌はダイエット効果の高い菌ということになります。

 なお、納豆菌ダイエットには難点もあります。

納豆菌は餌がないと胞子を形成して休眠してしまう性質があります。

そこで納豆菌といっしょに餌も供給できるといいのです(プレバイオティクス)。

納豆は一応そういう形になっています。

納豆のイソフラボンの多くは、ブドウ糖がくっついた配糖体です。

そのブドウ糖が切り離されると、それを納豆菌が餌にするという感じです。

でも、炭水化物を大量に摂ると納豆菌は食べ切れませんし、脂肪には効果がありません。

毎日納豆をそのまま食べるのは難しいので、手軽で効果的な納豆菌のサプリメントを飲みます。

においを抑えてあるサプリメントなら、納豆が苦手な人でも続けられます。

納豆は、さまざまな酵素を大量に含んでいる健康食として知られています。


<納豆菌とは>
納豆は、日本ではなじみの深い大豆加工食品です。
その納豆菌が誕生したのは今から数十億年前の大昔。人類が現れる前からずっと生き続けていたといわれます。
納豆菌が大豆に付着し、適度な環境下で発酵すると納豆ができます。


<納豆菌と納豆キナーゼ>
納豆特有のネバネバをナットウキナーゼといいます。
納豆のみに含まれる成分で、血液の固まりである血栓に作用すると注目を集めています。
体内に入ると、腸内でビフィズス菌(善玉菌)を増殖させます。


<納豆のネバネバやにおいが苦手>
サプリや健康食品の納豆菌、納豆キナーゼは、各製品ともに独自の製法で有効成分を残しつつ、納豆のネバネバやにおいを除去しております。
納豆が苦手な方でも手軽に毎日続けてお召し上がり頂けます。


<便秘との関係>
納豆には1gに10億個以上という納豆菌がいます。
納豆菌は胃酸にも耐えて腸にたどりつきます。
腸内にすみつきはしませんが、善玉菌の増殖を助けます。
また、悪玉菌が作る腐敗産物の生成を減らし有害物質を吸着して排泄を促します。


白刀豆(なたまめ)ダイエット

【食事ダイエットの種類】

白刀豆(なたまめ)ダイエット食事ダイエット

白刀豆(なたまめ)ダイエットとは、白刀豆(なたまめ)を摂取して痩せるダイエット方法です。

出征する人に持たせたといわれるナタマメは、 「コンカナバリンA」などのタンパク質、「カバナニン」などのアミノ酸・「ウレアーゼ」などの酵素・食物繊維・ポリフェノール・鉄分 などが含まれています。

ナタマメといえば「コンカナバリンA」の作用が有名ですが、ダイエットとして利用する なら「ウレアーゼ」。

「ウレアーゼ」は、腎臓の機能を活性化するはたらきがあります。

白刀豆は「ウレアーゼ」と「食物繊維」が豊富 に含まれています。

白刀豆は、そのままだとアクを何度も取らなくてはいけなく、調理に時間がかかります。

お茶など、加工して売られているもので、簡単に摂取しましょう。

ナタマメには鉄分、ミネラルが豊富に含まれ、サポニンやポリフェノールなどの成分がダイエットにも役立つとされています。


<お茶でのお召し上がり方>

お水の量はお好みにより、加減してください。

[やかんの場合] 沸騰したお湯約200〜400ccの中へ1パックを入れ、約5分間以上とろ火で充分に煮出し、1日数回に分け、お茶がわりにお飲み下さい。

[冷蔵庫に冷やして] 上記の通り煮出したあと、湯冷ましをしてペットボトル又はウォーターポットに入れ替え冷蔵庫に保管、お飲み下さい。

[急須の場合] ご使用中の急須に1袋入れ、お飲みいただく量の湯を入れてお飲み下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。