ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

がごめ昆布(ガゴメ昆布)ダイエット

【食事ダイエットの種類】

がごめ昆布(ガゴメ昆布)ダイエット食事ダイエット


がごめ昆布(ガゴメ昆布)ダイエットとは、ガゴメ昆布を1日2g食べるダイエット方法です。(摂りすぎにご注意下さい)

がごめ昆布とは昆布の中で最も希少価値が高く、函館近隣の一部でしか採れない為、知る人ぞ知る注目食材です。

がごめ昆布は「ヌメリ」が多くフコイダン・ラミナラン・アルギン酸カリウムを大量に含んでいる事が判明!品質も高く、現代人の健康パワー食材とも云われております。

脚ヤセに効く海のハーブ、ブラダーラックと呼ばれる海藻の脂肪燃焼効果があるヨウ素です。

この「ヨウ素」が豊富に含まれているのがガゴメ昆布です。

脚が太い人は脚の血液がドロドロで、脚が酸欠状態に陥っているという事です。

脚が太る原因は酸素不足で代謝が悪くなり、脂肪が溜まり太る「脚の酸欠状態」にあります。

そこで、足の血流をよくするガゴメ昆布を摂取しましょう。


<ガゴメ昆布はの調理方法>

ガゴメ昆布を細かく切り、一晩ぬるま湯につけます。

醤油・だし汁などで味付けをし、そのままご飯にかけたり、オムレツや和風パスタ、スープ、味噌汁に加えてお召し上がり下さい。


現在、サプリメントやガゴメ黒酢なども販売されているので摂取しやすい方法を選ぶと良いと思います。



<昆布の栄養素>

・アルギン酸
血圧を下げる、コレステロール値を下げる。

・フコイダン
胃の粘膜を保護し、炎症を修復する。全身の免疫力を高める。肝機能を高める。

・ヨウ素
甲状腺ホルモンの成分。基礎代謝を高め、皮膚、髪、爪などを健康にする。

・グルタミン
うまみ成分。脳の機能を活性化。ボケ防止、利尿。

・ミネラル
消化吸収率が良く、80%が体内に吸収される。(牛乳の23倍)

・カリウム
高血圧予防。(大豆の2.7倍)

・鉄分(牛乳の39倍)
・カルシウム(牛乳の6倍)



皮ごとミカンダイエット

【食事ダイエットの種類】

皮ごとミカンダイエット食事ダイエット

皮ごとミカンダイエットとは、オレンジ色のみかんではなく、未成熟の青みかんを毎食前に1個摂取します。


青みかんに含まれるシネフリンは脂肪燃焼を高め、脂肪を分解するリパーゼを活性化しダイエット効果を発揮します。


<ミカンの栄養>

ミカンはビタミンCが豊富で、ミカン2個で大人の1日分が補充できるといわれています。

ほかにもビタミンA、Pを含みます。

ビタミンAはβカロチン、で温州みかん系に多いクリプトキサンチンはガンの抑制力が強いとガン学会での報告もあります。

ビタミンPには血管壁を丈夫にする働きがあります。

また、ミカンは繊維も多く腸内の浄化力があり、直腸ガン等になりにくくします。

繊維は、ビタミンAやPと一緒に存在することにより、その効力を高めるそうです。

ミカンを食べると風邪をひかないと言われていますが、それはシネフィリンが含まれているからです。

このシネフィリンは温州みかん系特有の成分で、オレンジ等には極めて少ないそうです。

栄養素は特に皮に多く含まれていて、ビタミンCは実の3倍、血管中のコレステロールを取り除くテレビン油も含まれています。

ビタミンPは、白い綿状の甘皮の部分に多く含まれています。

ですから、ミカンはできるだけ皮も食べるようにしましょう。

生で食べるのはちょっとつらいかもしれませんので、ミカン風呂にしたり、干して陳皮を作るのもいいですし、干してしまうとビタミンは半分ほどになってしまいますが十分でしょう。

陳皮は漢方薬に用いられるくらいです。

陳皮はミキサーやすり鉢で粉末状にして、七味に混ぜたり、料理の香り付けに使うとよいでしょう。



<ミカンを食べることで効果>

・風邪の予防(ビタミンA、C、シネフェリン、ヘスペリジン)
・整腸作用(ペクチン、セルロース)
・美肌作用(ビタミンC、ペクチン、クエン酸)
・脳卒中予防(ヘスペリジン)
・高血圧予防(カリウム)
・生活習慣病予防(ベータクリプトキサンチン)


【摂取の仕方】

1.
朝・昼・晩の食前にMサイズの青みかんを1日3回摂取します。
2.
食べる時は、果肉・すじ・袋ごと食べます。
※すじ・袋には特にシネフリンの量が多く 脂肪の燃焼効果を高めます。
3.
青い未成熟なみかんを選んで食べましょう。オレンジ色のみかんより青みかんの方がシネフリンの量が約2倍多く含まれており、脂肪燃焼・基礎代謝をアップする効果があります。
4.
上記を、2週間続けます。
※効果が得られない時は中止してください。

【みかんダイエットに向いている体質】
(1)冷え性の人
(2)運動不足の人
(3)炭水化物中心の人


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。