ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ラズベリーダイエット

【食事ダイエットの種類】

ラズベリーダイエット食事ダイエット

ラズベリーダイエットとは、ラズベリーの成分のクエン酸・リンゴ酸、ポリフェノール、ビタミンCなどある中で、「ラズベリーケトン」にダイエット効果を見出し、ラズベリーを積極的に食べるというものです。

ラズベリーは、ヨーロッパキイチゴともいわれるヨーロッパ原産のハーブで、古くから実も葉も家庭薬として親しまれてきました。

ラズベリーのフランス語名「フランボワーズ」には「神々が好んで食べた不老不死の果実」の意味がこめられています。

ラズベリーケトンは、脂肪と脂肪分解酵素(リパーゼ)との結合を促進する。ラズベリーダイエットの有効成分、ラズベリーケトンのダイエットの効果は、トウガラシの成分であるカプサイシンの3倍ともいわれています。

カプサイシンと異なり刺激が少ないので、ジュースやダイエットゼリーなど幅広い使用が可能です。

ラズベリーケトンはラズベリーの香りのもとになっています。

ラズベリーケトンには、気分を落ち着かせるアロマテラピーの作用もあり、空腹時のイライラなどを静めることも期待されます。


【有効成分】

クエン酸、リンゴ酸、ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンA、カリウム、カルシウム、鉄 ラズベリーケトン 。


【ラズベリーによる脂肪分解のしくみ】

ラズベリーに含まれる香気成分「ラズベリーケトン」は脂肪と脂肪分解酵素(リパーゼ)の結合を促進。

脂肪分解酵素と結合した脂肪は、グリセロール(グリセリン)と脂肪酸に分解されます。

グリセロールは体外に排泄されます。


【ベリーの種類】

ラズベリーをはじめとするさまざまなベリーがありますが、「ベリー」とは草木に実る、食べられる果実の総称です。

<ブルーベリー>
目の疲れ、視力の回復に有効だとしてしられているブルーベリー。
実はポリフェノールの一種であるアントシアニンを含み、
ニンニクよりも強い抗酸化作用を持つと言われています。

<クランベリー>
「キナ酸」が非常に多く含まれていることから、膀胱炎などの尿路感染症予防に、アメリカの先住民にも薬用として昔から用いられてきたハーブです。

食物繊維、ビタミンが豊富であるほか、ポリフェノールを含むため抗酸化作用も。

<カラント>
カラントのなかでもブラックカラントは、ポリフェノールが非常に豊富です。
その含有量は、ワイン、バナナにつぐほど。
ポリフェノールの量ならブルーベリーを上回るほどだそうです。



4・3・3ダイエット

【食事ダイエットの種類】

4・3・3ダイエット食事ダイエット

4・3・3ダイエットとは、アメリカの生化学者バリー・シアーズ博士が開発した食事法で、アメリカでは、Zone Dirtと呼ばれています。

方法は食事の質に拘る形のダイエット方法です。

炭水化物4、たんぱく質3、脂肪3(4・3・3)の比率になるように食事をします。

この比率が、三大栄養素の好ましいバランスということで、この方法で食事をすると、肥満を解消が期待でき、病気に強い体を作ることが出来るそうです。

この場合の比率は量ではなく、カロリーの比率です。

炭水化物、たんぱく質、脂肪、と必要な栄養をバランスよくする事で、体が要求する栄養バランスに無駄がなく、理想的な栄養補給ができます。

ただし、4・3・3だからといって、食べすぎは逆効果です。

お腹いっぱいの食事にならないように気をつける必要があります。


<実行にあたっての5つのルール>

1:
食べるたびに、すべて栄養素のカロリー配分比で 4(炭水化物): 3(たんぱく質): 3(脂質)に (最低でも炭水化物、たんぱく質の比率は守る)

2:たんぱく質所要量はしっかり守る
 (目安は自分の手の平の大きさ&厚さ)

3:
低グリセミック指数の炭水化物を選ぶ
 (目安は食材により、自分の握り拳1〜2個分)

4:
食事と食事の間は5時間以上あけない(1日5回)
・朝起きて1時間以内に朝食を
・昼食と夕食の間に間食を
・寝る30分前にバランス半分程度の夜食を

5:
カフェインや糖分の入った飲物は御法度
毎回の食事には水280ccか、それ相当の砂糖抜きの飲み物を


<注意>

厳密に守れない場合は、最低でも炭水化物とたんぱく質の比率を守りましょう。

脂肪は3割を下回っても、上回ってもOKです。

この食事の基本を守れば、いつもより少ないカロリー摂取量でも3〜4時間は強い空腹感は生まれません。

毎回の食事には水280ccか、それ相当の砂糖抜きの飲み物をとるようにします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。