ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

シモン茶(シモンティー)ダイエット

【食事ダイエットの種類】

シモン茶(シモンティー)ダイエット食事ダイエット

シモン茶(シモンティー)ダイエットとは、シモン茶を食事や休憩などのときに飲むダイエット方法で、お茶やコーヒーの変わりにシモン茶を飲みます。

シモン茶の原料は、シモン芋(白いさつまいも)で、原産地はブラジルです。

シモンの葉っぱや茎には、カルシウム、カリウム、ビタミンA、ビタミンKなどが多く含まれているため、抽出されたお茶にもこれらのビタミン、ミネラルが豊富に含まれているんです。

また、6割が食物繊維質でできているため、余分な脂肪分を分解してくれたり、便秘解消などにも効果があるんですよ。

さらに嬉しいことに、コラーゲン生成を助ける働きもあるので、肌の健康を促進して美肌効果もあります。

なお、「お茶」といっても原料が芋の葉や茎なので、カフェインは入っていません。

食事と一緒に、ちょっと一息のときなどなど、いつでも飲むことができる優れもののシモン茶です。


<シモン茶の効果>

・血糖値をコントロールできる  
・免疫力を高める
・動脈硬化を予防する      
・肌の健康を促進する
・便秘が解消される


<方法>

飲み方は 通常のお茶や紅茶同様、ティーパックを熱湯にて煮出しお飲みください。

1リットルの水又はお湯に1パックを入れ約2〜3分沸騰させ琥珀色になったら取り出してお飲みください。

シモン茶を食事や休憩などのときに飲みます。



冷湿布ダイエット

【医療ダイエットの種類】

冷湿布ダイエット医療ダイエット


冷湿布ダイエットとはやせたい部分に湿布を貼るダイエット方法です。

冷湿布が貼られた部分の細胞にはたらきかけて引き締めるので、部分やせにも効果あり。
セルライトも目立たなくなるそうです。

冷湿布ダイエットは、脂肪を燃焼させる働きがあるといわれる「褐色脂肪」がある部分に冷湿布を貼って刺激し、より脂肪の燃焼を高めていく方法です。


ダイエットで使用する冷湿布は、急な発熱などで使用する熱を冷ます目的の冷湿布。筋肉痛や腰痛、肩こりなどに使用する薬効がある湿布は使用しないで下さい。

褐色脂肪は主に首筋、わきの下、肩甲骨の周辺、腰にありますが、わきの下は冷やし過ぎると腕の血行が悪くなるので、冷湿布は首筋、肩甲骨の間、腰にそれぞれ貼る。

この部分に冷湿布を貼って温度が下がると、褐色脂肪がそれを察知して脳に熱を放出するように指令が出る。

脳は、体の一部分の温度が下がっているのに、全身が冷えたものと勘違いして全身を発熱するために自律神経の交感神経が活発化し、脂肪の燃焼が高まっていきます。

食後しばらくたつと首筋が熱くなることがありますが、そこに冷湿布を貼って冷えている間はずっと貼っておくのがポイントです。

入浴後に貼ってそのまま朝まで寝ると、寝ている間もずっと脂肪を燃やすことができます。

同じ湿布を使うダイエット方法で足裏湿布ダイエットがあります。

足裏湿布ダイエットは、湿布を足の裏に貼るダイエット方法で貼る場所によって効果が違います。

「脂肪燃焼」に効果を出すには両足の親指から小指の間の膨らみ部分に貼る。湿布の長い辺をゆびの付け根に沿わせるように貼るのがポイント。

「水太り・便秘・下痢」に効果を出すには両足の土踏まずに縦に湿布を貼る。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。