ダイエット 方法 効果

ダイエット 方法 効果 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

油ぬきダイエット


【食事ダイエットの種類】

油ぬきダイエット食事ダイエット

なるべく油(脂)を使わない料理を食べるようにします。

油(脂)を摂取しないようにするためには、蒸す・煮る・テフロン加工のフライパンなどを使って油をひかなくてすむようにするなどの方法があります。

※油(脂)のとりすぎは、ダイエットにとっていいことではありませんが、全く抜いてしまうことも、美容・健康の上で様々な弊害が生じてきます。

「一切抜いてしまう」と言うよりも、「上手に油(脂)を取る工夫」をしましょう。

また、肉と魚の理想的なバランスは、「肉の脂と植物油と魚の油を、4対5対1の割合」とされているそうです。


<油(脂質)の役割>

・三大栄養素の中で、単位当たり最も大きなエネルギー供給源。
 →脂肪9kcal/g、糖質・蛋白質4kcal/g

・細胞膜の原材料。→リン脂質、糖脂質、コレステロール

・脂溶性ビタミンの吸収を助ける。→脂溶性ビタミンの溶媒

・皮膚から水分が蒸発するのを防いで潤いを保つ。

・料理の味を美味しくし、腹持ちをよくする。→「旨み」のもと


<注意>

油(脂)は高カロリーであるため肥満の大敵として、とかく目の敵にされがちですが、私たちの体には欠かせない大切な栄養素でもあります。

油(脂)を抜くとカロリーが低く抑えられる反面、腹持ちが悪くなり、何となく味気のない食事になります。

そのような食事ばかり続けていると、満足感が得られないためストレスがたまり、かえって反動でドカ食いしてしまう可能性もあります。

また、肌のつやが失われて、カサカサしてくるなどのデメリットもあります。

油(脂)のとりすぎは、ダイエットにとって確かにいいことではありませんが、全く抜いてしまうことも、美容・健康上で様々な弊害が生じてきます。

「油(脂)を一切抜いてしまう」と言うよりも、「上手に油(脂)を取る工夫」をしましょう。



アーモンドダイエット

【食事ダイエットの種類】

アーモンドダイエット食事ダイエット

アーモンドダイエットの効果

アーモンドダイエットは効果的だとする報告がアメリカで新たに発表されました。

フジサンケイ ビジネスアイの報道によれば、米パーデュー大学のリチャード・マッテス博士が行った研究から、アーモンドには空腹感を抑制する効果があることがわかったのです。

ただし、アーモンドを食べることでそのカロリーの分だけエネルギーを摂取する作用はないとのこと。

あくまでも満腹感をさそい、食べすぎを抑制することがその効果であるといいます。


<方法>

アーモンドダイエットは、アーモンドを適量食べます。

夜間ではなく、消化、代謝の良い朝、昼に食べる方が良いでしょう。

アーモンドは生活習慣病の予防、対策に効果的な成分が含まれていることが分かってきました。

ある大学のダイエットに関する研究で、18才〜50才までの50人に6ヵ月間アーモンドを食事療法に取り入れた実験を行った結果、全員が5kg以上の減量ができ、実験後1年を経過してもリバウンドがなかったそうです(あくまでも実験結果です。効果は個人差があります。)


【アーモンドの栄養】

アーモンドに含まれる食物繊維は、さつまいもやごぼうより多く、100g当たりで玄米の何と3.5倍。

カロリーは、23粒でご飯1杯分。脂肪の70%はオレイン酸で、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

ビタミンEも成人女性の一日の所要量をクリア、皮に含まれるポリフェノールとの相乗効果で老化予防も期待できます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。