エステ

エステ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ピーリング〜エステ〜

ピーリングエステ

ピーリングとは、肌に残っている老化した古い角質を化学的、物理的に取り去ること。

肌本来の輝きと美しさを取り戻すとともに新陳代謝を促進し、皮膚本来の機能を取り戻すことで皮膚のトラブルを解消させることができます。

ピーリングにより、ニキビ、肌のくすみ、小ジワなどが改善されると言われています。


<ピーリングの歴史>

ピーリングの歴史は古く、クレオパトラの時代から行われていたと言われていますし、ルイ14世もワインを用いて行っていたとも言われています。

(その頃は、ピーリングという意識ではなく、牛乳やワインなどを使うとお肌がすべすべする、調子が良いなどの経験的なものだったと思われます)

ピーリングが治療法として確立されたのが、1882年(ドイツ)で、更に研究が重ねられて、一般的に治療が行われるようになった1950年代にはアメリカで大流行しました。

その治療法はフェノール酸やトリクロール酸を用いた非常に作用が強いもので、黄色人種である日本人の肌質には施術後に赤みがとれないなど副作用もあり、あまり受け入れられませんでした。

その後、α-ヒドロキシ酸(AHA、フルーツ酸)と呼ばれる酸を用いた比較的作用の穏やかな治療法が研究され、1997年頃に日本でもピーリングが大流行します。

日本でピーリングが行われ始めた当初は、粗悪な処方組みのピーリング製剤を使用したり、施術者の知識不足や技術が未熟であることもあり、トラブルが続出して社会問題化しました。

そのため「ピーリング=危険なもの、恐ろしいもの」といったイメージが定着してしまいました。

しかし、現在では施術者の技術も向上し、また、金銭を得て行うピーリングは医療行為であるとして厚生労働省から認定されており、医師免許を持つ人しか施術出来なくなったため、安全なピーリングが行われるようになりました。
(自分自身で行うピーリングはこの範囲ではありません)。


<ケミカルピーリングはこんな人におすすめ>

・にきび、にきび跡にお悩みの方
・しみ、くすみ、小じわを解消したい方
・肌荒れ、肌の乾燥が気になる方
・肌の古い角質を取り除きたい方
・肌が生まれ変わるサイクルを正常にしたい方


<効果>
・ニキビ、吹き出物
・くすみ、シミ、ニキビ跡(色素沈着)
・毛穴の目立つ肌
・シワ、タルミ

ヒアルロン酸〜エステ〜

ヒアルロン酸エステ

ヒアルロン酸とは、体内のいたるところに存在する酸性ムコ多糖類。

「高い保水力」と「高い粘性」があるので、多量の水と結合して粘りのあるゲル状となり、組織構造の維持や細菌・毒物の侵入を防御し、肌組織の水分・潤滑性・柔軟性の保持に役立つ。

加齢により、体内のヒアルロン酸量は減少し、乾燥肌、肌荒れ、シワやたるみを悪化させる原因の一つにもなる。


ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸の効果は何といってもその「保水力」にあり、皮膚をはじめとする体の中でも水分の多い部分に多く存在します。

皮膚の表面から表皮・真皮・皮下細胞の順に構成されていますが、ヒアルロン酸は特に真皮に多く含まれています。

加齢によって真皮でのヒアルロン酸が減少すると、肌の水分が十分に保てず、しわ、たるみ、乾燥肌の原因になります。

美容整形で、肌のしわ、たるみに対してヒアルロン酸注射・注入が使用されるのはこのためです。

またヒアルロン酸は皮膚以外にも眼球、関節液、血管などに多く含まれ、目の細胞間のクッションの働き、眼球の形を維持、関節の潤滑作用や緩衝作用、血管での動脈硬化を予防といった働きをもっています。

ヒアルロン酸を補うことで、これらの機能を改善する効果があります。


<ヒアルロン酸の摂取量の目安>

ヒアルロン酸の1日の摂取量の目安は20〜40代で、1日250mg〜400mg、40代より以降は400mg以上とされています。

食べ物から摂取できますが、ヒアルロン酸は身近な食品だと、魚の目玉やニワトリのトサカ、海草のぬめっている部分や豚の足、さめの軟骨、中華によくあるフカヒレなど、普段の食卓ではなかなか食べることのない食品に含まれており、日常的に摂取することは困難です。

その為、サプリメントなどを利用して、ヒアルロン酸不足を補う人が増えてきているのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。