エステ

エステ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

セラミド(細胞間脂質)〜エステ〜

セラミド細胞間脂質)〜エステ

セラミドとは、角質細胞間にあり角質層の細胞同士を接着し角質層の水分やNMFが蒸発しないよう抱え込んでいる接着剤ともいえる脂質のこと。

皮膚の最外層からの水分の蒸発を防いで肌の保湿機能を補います。

また、乾燥やほこりなどの外からの刺激やダニ・ほこりなどの抗原(アレルギーの原因になるもの)から皮膚を守り、表皮の健康を保つバリアの役目をはたす。減少すると肌は乾燥し外部からの刺激に弱い敏感な肌に傾き、肌荒れや乾燥肌、しわやたるみが起こってしまいます。


セラミドの働き

セラミドは外界の環境から脂質の二重層を形成して、真菌、細菌、ウイルス、紫外線、化学物質、水等からからだの内部進入を防ぐバリアの働きをしています。

セラミドはアポトーシス(自然死)と相互に関係し合って細胞周期の停止、老化、分化、免疫応答炎症などの細胞の運命決定に関わります。

セラミドが幹細胞に増殖指令の働きをすることにより、新しい細胞を形成して、皮膚の再生の働きすると考えられています。

アトピー肌の人はセラミド不足していると思われます。


<セラミドの成分・効果・効能>

セラミドは肌の保湿に重要な成分なので年齢とともに少しずつ失われていくと、肌荒れや乾燥肌、しわやたるみが起こります。

セラミドには美肌、美白の促進、肌荒れの予防、乾燥肌の改善の作用があります。

また、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があるといわれています。

従来は牛から抽出されたセラミドが主流だったが、最近では植物、国内では米ぬかや小麦粉から抽出されたものが販売されています。



セルライト〜エステ〜

セルライトエステ

セルライトとは、お尻や太ももに出来る肌のでこぼこのことであり、古い脂肪のまわりに老廃物や水分が吸着して出来ると言われています。

セルライトは、リンパの流れを悪くしたり、血行不良を招く上、脂肪細胞同士がくっつき、さらに肥大化します。

一般に、セルライトは、脂肪細胞に絡み付いているため、自然になくなることはないと言われています。


セルライトが出来る仕組み

セルライト(cellulite)はフランス語で細胞を意味する『cellule』と、鉱物を意味する『ite』によって作られた造語です。

脂肪細胞が塊になっている状態なので、このような名前が付けられたのでしょう。

脂肪細胞の代謝が衰え肥大化するとともに、周囲の組織を繊維化させることで起こるものと言われています。

セルライトは、日本人では30代以降の女性に多く見られます。

欧米では成人女性の8割の女性がセルライトを自覚しているとさえ言われるほどで、オレンジピールスキン(みかんの皮のような肌)と言われ肥満以上に嫌われる存在です。

体脂肪が多い人や皮下脂肪の多い部分(お尻、太腿、二の腕)に出来やすいのは確かですが、太っていなくてもセルライトがある人は大勢います。

これには代謝の低下や血行不良が関わっていると考えられています。


セルライトのできやすい年齢・部位

セルライトは女性に多く見られます。
なんと女性の8割はセルライトがあるといわれています。
これは男性に比べ女性の方が脂肪分が多いためです。

セルライトは脂肪の多い箇所にできやすい特徴があり、体の中でも皮下脂肪が多い太もも・ふくらはぎ・お尻などのセルライトで悩む方が多いようです。

他にもお腹や二の腕などはセルライトのつきやすい場所です。
(最近では顔にできるセルライトが話題になっています)

またセルライトは血行が悪くなると発生しやすくなるために、女性の中でも運動不足になりがちな成年女性の場合セルライトが多く見られる傾向があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。