エステ

エステ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

鍼灸(しんきゅう)〜エステ〜

鍼灸(しんきゅう)エステ

鍼灸とは、身体の特定の部位に鍼(はり)や灸(きゅう)を用いて皮膚または「経穴(ツボ)」に刺激を与えることで、「血液の循環改善」を行い、自然治癒力を促進させ、病気を直す東洋医学の治療法をいいます。

日本において鍼灸を業として行う場合は「はり師」と「きゅう師」の国家資格を鍼灸養成施設で取得する必要があります。

なお、鍼は必ずしも人体内に刺すものではなく、皮膚をこするだけのものや押すだけのものも存在します。

こうして、肩こりや腰痛の筋肉の痛み・コリを和らげたり、女性の足腰の冷えの原因と言われる血液の循環を改善・治療する技術として広く認知されてきました。

現在では、医療分野だけでなく、スポーツ、美容、教育分野、その他企業における健康管理など活躍の場は飛躍的に広がりつつあります。


<鍼灸の発祥>

鍼灸は今ある歴史的な資料からみると、紀元前の戦国(BC403〜BC221)から漢初の時期に現在中国と呼ばれている地域で実際に行われ、ある程度理論化されていたと考えられています。

体の表面と内蔵の関係をまとめた「経絡経穴(けいらくけいけつ)」をはじめとして、体の機能や病気の成り立ちについての考え方、独特の診断や治療技術などの伝統的な鍼灸の基本は、後漢(25〜220)の時代には学術的なものに体系化されていました。

この時代の代表的な医学書としては『素問(そもん)』、『霊枢(れいすう)』、『明堂孔穴治要』、『難経(なんぎょう)』がよく知られており、現在でも古典として尊重されています。

その学術は古代中国の自然哲学の「陰陽」、「虚実」、「気・血・水」、「五行」などの考え方で整理されているために、現代医学の理論とは異なったものです。

サウナ〜エステ〜

サウナエステ

サウナとは、いわゆるお湯をためた風呂はなく、温度が非常に高い部屋に裸で入ることによって、汗をかく風呂のこと。

汗をかいた後、水で洗い流します。

体の新陳代謝が良くなり、ダイエット健康増進に役立ちます。

フィンランド式などの乾式のものと、スチームバス、ミストサウナなど湿式のものがあります。

日本古来のかま風呂もサウナの一種です。

その他、近年流行している岩盤浴もこの一種と考えられます。

乾式の場合、室温は80〜100℃もあるが、乾燥しているため火傷を起こさずに済みます。

ただし、金属性の装身具を身につけたまま入ると、熱くなって危険です。

また、体調の良くない人や高血圧の人、小さな子供・老人なども入るべきではありません。

急激な温度変化により体に悪影響を及ぼす可能性が高いからです。

フィンランドサウナに於いては、時々熱く焼けた石の上に水をかけ蒸気を発生させ体感温度を上げることが行われます。

これをリョーリュウといいます。

また白樺の葉で体を叩くことも行われ、筋肉のマッサージ効果があるとされます。

サウナが設置されている場所は、主にスーパー銭湯や健康ランド、日帰り入浴施設などの公衆浴場だが、この様な施設そのものをサウナと称する場合もあります。

その多くには簡易宿泊の設備があり、場合によりカプセルホテルと併設の場合もあります。

韓国では近年、チムチルバンと呼ばれる、サウナ主体の健康ランドが急増しているが、ここでは50〜90℃程度の低温サウナに、Tシャツとハーフパンツを着用して入り、ござなどが敷き詰められた床に寝そべます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。