エステ

エステ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ゲルマニウム温浴〜エステ〜

ゲルマニウム温浴エステ

ゲルマニウム温浴とは有機ゲルマニウムを溶かした42℃〜43℃の温水に、抹消神経の集中する手足をひたすことで、短時間(約20分)で発汗が始まり、大量の汗とともに余分な脂肪や身体の中の老廃物・毒素を排出する療法。


有機ゲルマニウムは、皮膚から吸収され体内に酸素をいちじるしく増大させ、ゲルマニウムが全身を巡ることで、血液の浄化と体質の弱アルカリ化を促進。

体内の細胞が活性化され、新陳代謝が高まると、自然治癒力を誘発させ、若々しさと健康を同時に引き出す。

激しい運動を伴わないので、高齢の方、心臓の弱い方、血圧の高い方、妊婦の方にも安心。

有機ゲルマニウムは、抹消神経の集中する手と足をゲルマニウム溶液に浸すことで、体内への吸収を促し、このゲルマニウムが全身を巡り体内の細胞や組織が活性化され短時間で発汗が始まります。

この汗と共に体内の余分な脂肪や老廃物などが流れ出て、血液が浄化されるので、新陳代謝が高まり体質改善へとつながって行きます。

有機ゲルマニウムを溶かした42〜43度の温水に、手と足を20分間入れるだけの、今話題の健康法です。20分の温浴でエアロビクス約2時間分の効果があります。

・有機ゲルマニウムは「体内に大量の酸素をつくり出す」という性質があります。
・病気やストレスの原因は酸素欠乏から起こる事が現代医学でも説明されています。


<手足をつけると・・・・効果は>

皮膚呼吸により有機ゲルマニウムが全身に巡り、短時間で多量の汗をかきます。

そして汗と共に体内の余分な脂肪・有害な毒素・老廃物が出され、血液が浄化されることによって体質が弱アルカリ性に改善されるのです。

多量の発汗が簡単に出来るだけでなく、便通もたいへん良くなり、体内からいらない物がドンドン出て行くことを実感きます。

さらにこのように新陳代謝を活性化させる事により自然治癒力を高め、体の各器官に活発に働きかけ、機能も正常になると共に美容にも優れた効果を得ることができるのです。

代謝が良くなるので、お肌が綺麗になりますし、痩せやすくなります。

手足には体の2/3(人体の臓器の末梢神経や毛細血管約1億本のうち、約70%)もの末梢神経が集中しています。

この温浴法は有機ゲルマニウムの性質を生かしたとても効率良い健康法です。

ゲルマニウム温浴は心臓に負担をかけないので、お子様からお年寄りまで、心臓の悪い方や血圧の高い方にも安心してご利用いただけます。


【3大効果】

健康効果

老廃物が排出され血液がサラサラ状態に。

血行促進、新陳代謝効果でからだを弱アルカリ性に保ち、肩こりや冷え性、腰痛、婦人科疾患や慢性的症状の改善や自然治癒力を高める効果があると言われています。

脂肪燃焼

新陳代謝が活発化することで大量に発汗、体脂肪が燃焼して楽に効率よくカロリー消費できます。

続けることで体脂肪がつきにくいカラダに。

エステ効果

細胞が活性化されることにより肌のハリと潤いを保ち、全身の筋肉の衰えを防ぎます。

小ジワやシミ、女性の大敵セルライト対策などにも利用されています。


<ゲルマニウムの医学的効果>

・細胞内酸素供給促進効果
・免疫力と自然治癒力賦活
・癌細胞発生
・転移防止
・血液循環促進
・鎮痛・抗炎症効果
・脳細胞活性化
・血液の浄化作用、疲労回復
・酸化した血液をアルカリ性に戻す。
・遠赤外線効果(細胞を芯から温める)

ゲルマニウム〜エステ〜

ゲルマニウムエステ

ゲルマニウムとは、約100年前にドイツで発見された亜金属元素で無機と有機があります。

無機ゲルマニウムは鉱物に含まれる、金属でも非金属でもないその中間の「半導体」です。

生体電流を整える作用があると言われており、ブレスレットのようなかたちで身につけることで「肩こり解消」、「老化を防ぐ」「免疫力を高める」などの効果があります。

有機ゲルマニウムは漢方薬の原料となる植物(サルノコシカケ、高麗人参、山豆根、田七人参、クコの実、ニンニク)などに多く含まれています。

酸素が多く含まれていて、体内に入ることによって、汚染物質や毒素を無毒化したり追い出し、活性酸素を消去する働き、血流を促進する、新陳代謝を高めるなどの働き等があると言われています。

ゲルマニウムは、1885年ドイツの化学者ウインクラーが、銀の鉱石「アルジロダイト」から発見した半導体元素(元素記号「Ge」)で、これまでトランジスターやダイオードの製造など工業用物質の一つとして広く用いられてきました。

しかし、32度以上の温度に接すると、ゲルマニウム原子核の一番外側の起動を周遊している電子の一つがマイナス電子となって外へ飛び出し、増幅・整流するという半導体の電子的性質から、近年医学的にも注目されるようになってきたのです。



<製品構造>

ゲルマニウムは、熱に最も反応する半導体です。

32℃以上の、体温やお湯のような温度変化の少ない安定した触媒環境に適しています。

汎用品で高純度ゲルマニウム粒を数粒、他金属に内蔵した製品がありますが、その場合、常時の皮膚接地が見込めないため原子活動が不安定になり、生体電子調整することはできません。

その点を理解して製品構造などをよくチェックすることが重要です。


<使用ゲルマニウムの種類>

無機ゲルマニウムには、非鉄金属ゲルマニウムや二酸化ゲルマニウム(粉状)、四塩化ゲルマニウム(液状)まで幅広くあり、繊維やシリコンに混入製造されているのは、粉状ゲルマニウムです。

原子形状はどの種類も同じですが、触媒反応においては大きなちがいがあり、繊維やシリコンなど本体の熱伝導率が低いうえ、粉状ゲルマニウムは融合でなく混入製造が主になるため、大量、しかも圧縮使用が本来の機能発揮の条件となります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。