エステ

エステ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ケミカルピーリング〜エステ〜

ケミカルピーリングエステ

ケミカルピーリングとは、グリコール酸、乳酸、リンゴ酸、クエン酸などの酸を使用して古くなった皮膚の角質層を除去し、肌の新陳代謝を高める施術法。

色黒・シミ・くすみ・頑固なニキビやニキビ跡・色素沈着・肌荒れ・乾燥した皮膚・開いた毛穴・お肌の老化などにも効果がある。

治療目的によって、使用する薬剤やピールする深さなどが変わります。


使用する薬剤は、様々な種類の薬剤が使われます。

代表的なものはAHA(アルファヒドロキシ酸:フルーツ酸とも言われます。具体的にはグリコール酸や乳酸が主に使われます。)とTCA(トリクロール酢酸)です。

フェノール、ジェスナーズ液やサリチル酸も使われます。


<ケミカルピーリング>

・化学物質で、損傷された皮膚の治療を行なう。
・浸透させる深さで、物質(用いる薬剤)の選択がことなる。



<ケミカルピーリングの種類>

・Superficial Peeling (Very Superficial Peelingも含む)
・Medium Depth Peeling
・Deep Peeling

皮膚のどこまで浸透させるかによって名前がついている。

・Superficial Peeling (肌表面のピーリング)

皮膚の基底層まで浸透させる。(=基底層までを生まれ変わらせる)
薬剤:AHA、サリチル酸、ジェシナー氏液、TCA(10%〜20%)
目的:表皮異形成(肌表面のトラブルを改善?)、色素沈着
改善のためには数回の治療が必要。病理学変化(改善)には限界がある。
Peeling後は日常生活が送れる。
日本人には最も適する。

・Medium Depth Peeling (中程度の深さのピーリング)

真皮乳頭層(真皮の上の方)まで浸透させる。
薬剤:TCA(35%〜50%)、グリコール酸(70%)
目的:表皮異形成、色素沈着、しわの改善
白人で、7〜10日の上皮化、数ヶ月の発赤・色素沈着

・Deep Peeling (深いピーリング)

真皮網状層の一部まで浸透
薬剤:フェノール
目的:メラニン異形成、シミしわの改善
白人でも大変なトラブルになることがある


<日本人の皮膚の特徴>

・色素沈着が起こりやすい
・発赤が続く(数年間に渡る場合もある)
・跡が残る

<効果>

・にきび、にきび痕
・肌のクスミ
・肌荒れ、乾燥した皮膚
・老化した皮膚、小じわ(皮膚の若返り)
・薄い色素沈着
・肉割れ、妊娠線
・他の薬剤の浸透性を高める効果
・角質の代謝亢進
・真皮上層の細胞活性化
特に、色素沈着やしわなどに効果がある。



経絡〜エステ〜

経絡エステ

経絡 (けいらく) の経は経脈を経絡の絡は絡脈を表わし、古代中国の医学において、人体の中の気血榮衛(気や血などといった生きるために必要なもの、現代で言う代謝物質)の通り道として考え出されました。

経絡とは、東洋医学を根底としたもので体を上下に流れる経脈と網目のように枝分かれしている絡脈をまとめて言ったものです。

これらはひとつの環となり全身の臓腑を循環しています。

特に12経脈などが主で、経脈上には経穴(けいけつ)と呼ばれるツボがあり体内で変調があるとそれを知らせるポイントにもなります。

いえば循環に滞りがあると臓腑に変調を起こし病気になり経絡上にコリができたり経穴がへこんだり異常が起こります。

経穴はふつうは異常がなければ反応もありません。

経穴を押して気持ちがよいや痛みがあるときは関連する経脈や臓腑に異常があると考えられるということです。

12経脈に異常があるかどうか調べるときは募穴(ぼけつ)と呼ばれるツボを押し異常がある場合は各募穴と対応する経脈をマッサージし解消することが必要になってきます。

また、経脈は十二の正経とよばれるものと、八の奇経とよばれるものがあります。

正経は陰陽で分類され、陰は太陰、少陰、厥陰の三陰に、陽は太陽、陽明、少陽の三陽に分けられ、手、足それぞれに三陽三陰の属する経脈が割り振られて計十二脈になります。

そして、陰経は臓に属して、陽経は腑に属する。

奇経の中で任脈、督脈以外は経穴を持たず、正経の中の2、3経に連なって走行しています。

任脈、督脈だけは独自の経穴をもっています。

経脈には経別と呼ばれるものもあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。