エステ

エステ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

アーユルヴェーダ〜エステ〜

アーユルヴェーダエステ

アーユルヴェーダとは、世界三大医学の一つで、5千年以上も前からインドに伝わる精神面・肉体面の両方からのホリスティック(総合的)な伝統療法です。

アーユルヴェーダは、サンスクリット語で「生命の科学」を意味します。

西洋医学が、病気の症状を取り除く治療医学であるのに対し、アーユルヴェーダでは、体内エネルギー「ドーシャ」のバランスを整える事により、病気になりにくい心身を作ること、病気を予防し、健康を維持するという「予防医学」の考え方に立っています。

アーユルヴェーダでは、身体を構成するエネルギーを「ドーシャ」と呼んでおり、ドーシャが乱れると病気になるとの考え方です。

アーユルヴェーダでは、そのドーシャの乱れを「脈」で診ていきます。

女性の場合は左手、男性の場合は右手の脈を3本の指を使って詳細に見ます。

ドーシャは、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」の3つの生命エネルギーを持っていて、ヴァータやピッタ、カパを余計に増やしてしまうとドーシャが乱れ、病気になるとの考えです。

ヴァータが強い人は、比較的不規則な生活を志向されがちな方なので体を冷やしてはいけない、またカパが強い人は、出不精な方が多いのでテニスなどでしっかり運動するなど体質別の運動法などもわかってきます。


<VATA(ヴァータ)=運動のエネルギー>

・機能
運動、伝達、運搬、循環
・特徴
痩せていて太りにくい、皮膚や髪が乾燥しがち、快活、機敏、活発、順応性、不安、気分の変動、空虚、衝動的、便秘、冷え、不眠

<PITTA(ピッタ)=熱のエネルギー>

・機能
消化、代謝、理解力、燃焼

・特徴
中肉中背で筋肉質、短時間で熟睡可能、情熱的、知的、勇敢、怒りっぽい、短気、完璧主義、快便、皮膚が弱い、灼熱感や充血


<KAPHA(カファ)=安定のエネルギー>

・機能
結合、構造、持久力、潤い

・特徴
がっしり体格で太りやすい、丸顔、睡眠時間が長い、献身的、落ち着き、着実、こだわり、保守的、おおざっぱ、抑うる、体力、持久力、鼻水



日本ではオイルトリートメントやシローダーラ(額への油滴法)が有名です。

アロマバス〜エステ〜

アロマバスエステ

アロマバスとは、ぬるめのお湯をはったバスタブにアロマオイル(植物の花、葉、果皮、実、茎、樹脂などから抽出した芳香のある揮発性オイル、エッセンシャルオイル)を3〜5滴たらして、ゆっくり入浴する方法です。

アロマオイルの持つ芳香成分の効果がプラスされることで、神経系やホルモン系にも働きかけるため、入浴にさらなるリラックス効果が期待できます。


全身浴

バスタブにぬるめのお湯をはり、5滴ほどのアロマオイルをたらし、よくかきまぜてからゆったりとつかります。

心地よい香りが、浴室いっぱいに広がります。

アロマオイルは水に溶けにくいため、オイルの原液が直接お肌についてしまうことがあります。

お肌の弱い方は、アロマオイルを5ml程度の少量のキャリアオイルで薄めてから使用すると良いでしょう。

また、柑橘系のアロマオイルを使用する場合、お肌の敏感な方はピリピリとした刺激を感じることがあります。

そのような場合は、オイルの量を減らしたり、使用を中止して下さい。


半身浴

肩までたっぷりとつかる全身浴に対して、心臓の下くらいまで長時間つかるのが半身浴です。

5滴ほどのアロマオイルをたらし、よくかきまぜてからゆったりとつかります。

心臓に負担を掛けにくく、また下半身を温めることによって芯から体を温めることができます。ぬるめのお湯に30〜40分程度入りましょう。

汗が出るため、入浴前には十分な水分を補給します。上半身が冷える場合は、バスタオルなどを肩にかけるとよいでしょう。


手浴(ハンドバス)>

洗面台のシンクや洗面器にお湯をはり、アロマオイルを2〜3滴たらして両手を浸します。
同時に蒸気を吸い込むようにすれば、芳香浴を楽しむことも可能です。

指先だけでなく上半身を温めることができますので、肩や首の健康にもおすすめです。

ひじをお湯につける「ひじ浴」という方法もあります。


足浴 (フットバス)>

簡単に足元から体を温める方法です。

大きめの洗面器やバケツに熱めのお湯をはり、アロマオイルを3滴ほどたらします。

両足首を入れ、10分ほどつかります。

足首や指先のストレッチを行なうとより効果的です。


座浴

大きめの洗面器を利用して、お尻までつかるアロマバスを座浴といいます。

お湯にアロマオイルを1滴たらし、お尻を洗うようなイメージで2〜3分間つかりましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。