エステ

エステ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

レーザー脱毛〜エステ〜

レーザー脱毛エステ

レーザー脱毛とは、レーザー光の照射による熱を利用して脱毛する方法。

肌の色と毛の色のギャップを利用して黒い色素に(メラニン)吸収される波長の光(レーザー光)を照射することにより、皮下の毛根が熱影響を受け、その熱により毛根の周りの細胞を破壊することで脱毛効果が得られます。

レーザー脱毛は、レーザー光の特定の色にだけ反応する性質を利用し脱毛するものです。

レーザー光を照射すると、毛根と毛乳頭にあるメラニン色素に熱が吸収されて、毛根とその周囲の細胞を破壊します。

毛を生産している根っこの部分にやけどを起こさせて機能しないようにするため再び毛が生えてこないようになります。

レーザー光はメラニン色素のような色の黒い部分にだけ反応し、それ以外の部分には反応しません。

また、レーザー光は単一の波長であるため光が拡散せず、レンズによって非常に小さな一点に光を集中させることができます。

従って小さな毛穴の内側にある毛根の部分だけを狙い撃ちする事ができるわけです。


<広範囲にわたり短時間で脱毛ができる>

絶縁針脱毛がムダ毛1本1本処理していくのに対し、レーザー脱毛は1回の照射で直径約1〜1.5cmの範囲を処理することができます。

したがって、両ワキなら1回のクリニックで30分程度で終了します。
絶縁針脱毛なら2時間くらいかかります。


<永久脱毛完了までの期間が短い>

レーザー脱毛は2ヶ月に1回受けてもらうペースで3回目くらいから効果が感じられるそうです。

そして、人や部位にもよりますが、だいたい5回くらいで終了となります。

したがって、約半年くらで効果が見えてきて、1年くらいで終了となります。


<肌に優しいく痛みも少ない>

カミソリや脱毛クリームなどでの自己処理は、肌を荒らしてしまう原因にもなります。

医療レーザー脱毛なら、毛根の部分のみに作用するため、肌を痛めることはありません。

個人差はありますが、医療レーザー脱毛の場合痛みはかなり少ないと考えていいでしょう。

輪ゴムをはじいた程度の感覚といわれています。


<毛を伸ばさなくても脱毛できる>

電気脱毛の場合、毛を目印にして毛穴に針を差し込むので脱毛するにあたって、ムダ毛を0.5〜1センチ程伸ばしておく必要があります。

一方、レーザー脱毛では皮膚に長く黒い毛があると黒い色に反応するレーザーが吸収され、毛根部まで届かなくなってしまうため、照射前に剃ってしまいます。

したがって、ムダ毛をわざわざ伸ばす必要がありません。



レチノール〜エステ〜

レチノールエステ

レチノールとは、ビタミンAの1種で、角質層の保湿性向上、粘膜を保護する役割がある。

レチノールが不足すると、肌の乾燥、シワ、シミや不足すると角質が厚くなりザラザラしてくるいわゆる角化症などの原因となります。


レチノールは、美肌づくりに欠かせない栄養素であるため、体内から食品で摂取するとともに外からのケア化粧品で補います。

レチノールの供給が不足すると、お肌は目立って乾燥し、角質層がボロボロと剥がれ落ち、粉を吹いたような状態になります。

また、シワ、きめの粗い肌、乾燥症、角質増殖症など、さまざまな肌のトラブルを招いてしまいます。

私達の身の回りにある多くの化粧品成分が、シワの原因となる乾燥を「保湿成分」で防いでいるのに対し、ビタミンAは細胞そのものに働きかけてくれます。

本来、私たちのお肌では、表皮の一番下で細胞分裂が繰り返され、表皮細胞を増やしていきながら、古い細胞を外に押し出しています。

これが肌のターンオーバー。

正常に行われているうちはいいのですが、長年の紫外線による影響や加齢によって、細胞分裂の速度はどんどん遅くなり、必要な成分の合成が行われにくくなっていきます。

これが肌のくすみやシワの原因。

ビタミンAにはこうしたターンオーバーを助ける働きがあるのです。

この様な理由により、レチノールに含まれるビタミンAは、保湿成分とともに乾燥小じわスキンケア化粧品に配合するとよいとされます。

レチノールは、レバー・蒲焼・チーズなどの動物性食品にビタミンAとして多く含まれます。

レチノールは、動物性食品のレチノールと植物性食品のカロテンに分けられるますが、どちらも、レチノールの値として比較すると、レチノール当量(ug/100g)として参考までに・・・・

・ニワトリ肝臓 14000(ug/100g)
・豚肝臓    13000
・ヤツメウナギ  8200
・トウガラシ   2900
・シソ      1800
・モロヘイヤ   1700
・ニンジン    1500
・ウナギ     1500
・パセリ     1200
・アナゴ      890
・シュンギク    750
・ホウレンソウ   700
・カボチャ     660
・卵黄       480
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。