エステ

エステ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ミモザ〜エステ〜

ミモザエステ

ミモザとは、メキシコ東南部に自生している6〜8mの高さの木で、伝統的ハーブのことです。

痛み止めや色素再生の効果があります。

また、精油は、芳香浴、バス、トリートメントマッサージに使用します。

ミモザは、マヤ文明の時代から鎮痛・傷の癒着に使われていたと云われています。

ミモザはまた、黄色い実を春先につけるので、ゆで卵の黄身と共にサラダの素材として、緑の葉の引き立て役となっています。

ミモザの花からは、溶剤抽出法でミモザアブソリュートと呼ばれる精油がとれ、緑の葉にあるようなグリーンノートを主として、オレンジの花の香りがまざった濃厚な甘味のある感じです。

採取できる量が少なく、多くは出回っていません。

芳香浴、アロマバス、キャリアオイルで希釈してマッサージに使います。


<ミモザサラダの作り方>

<材料/作りやすい分量(3〜4人分)>

レタス         1/2玉
セロリ         1本
にんじん       1/2本
ゆで卵         1個


<作り方>
@レタス、セロリ、にんじんはそれぞれ千切りにし、さっくりと混ぜ合わせる。
 ゆで卵は黄身はザルなどで裏ごしし、白身は大きめのみじん切りにする。

A器に野菜を盛り、卵をトッピングして食べる直前にドレッシングをかける。

ホメオパシー(同毒療法)〜エステ〜

ホメオパシー同毒療法)〜エステ

ホメオパシーとは、「同種療法同毒療法同病療法」と訳されます。

ある症状を持つ患者に、もし健康な人間に与えたら、その症状と似た症状を起こす物質をきわめて薄くしてわずかに与えることによって、症状を軽減したり治したりしようとする療法のことです。

たとえば、解熱を促そうとする時には、健康な人間に与えたら体温を上げるような物質を含む物質を患者に与えます。

このことによって、極めて短時間発熱が促進されるが、すぐに解熱に向かうとされています。

ホメオパシーは症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押します。


<ホメオパシーの歴史>

今から200年前にドイツの医師ハーネマンがその生涯をかけて確立させた療法で、その起源は古代ギリシャのヒポクラテスまでさかのぼることができます。

ホメオパシーは同種療法あるいは類似療法と訳されている通り、「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」が根本原則になっています。

ハーネマンはこの「同種の法則」に、症状を起こすものを非常に薄めて使うことにより、体に悪影響を与えることなく、症状だけを取っていくものとなるという「超微量の法則」を打ち建て、安全で体にやさしく常習性を持たないホメオパシー療法を完成させました。

ホメオパシーでは症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押しします。

そうして初めて心身ともに健康になると考えます。

私達の心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、体の芯から健康を取り戻す自然療法、それがホメオパシーです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。