バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

紫外線〜バストアップ〜

バストアップ関係「ケア」

紫外線


紫外線(しがいせん)は波長が10−400nm、
すなわち可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波である。
光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名がある。

英語のUltravioletも「紫を超えた」という語
(ラテン語のUltraは、英語のbeyondに相当)から来ています。

日本語では、紫外線と呼ぶのが一般的であるが、
violetを菫色とも訳すことから、文学作品などでは、
菫外線(きんがいせん)と呼ばれることもある。

また、英語のUltravioletからUVと略される。

紫外線とは太陽から地球まで届く光の中で、
もっとも強いエネルギーを持っている波長の短い光です。

紫外線には、シワやシミの原因となるUVA、
日焼けをしすぎたときに皮膚が火傷のようになるUVB、
オゾン層でブロックされているため地上には
届いていないUVCの3種類あります。

強力な殺菌力を持っているので、
直接皮膚や人体に照射すると悪い影響を
もたらすと言われています。

長年浴び続けると、しみやしわ、たるみの原因、
バストの下垂の原因にもなります。

紫外線を防ぐには、なるべく直射日光にあたらないことが
一番ですが、食事やサプリメントなどでビタミンCを
摂取し日焼け止めの化粧品やジェルで
肌に紫外線があたらないようにするとよいでしょう。


紫外線(しがいせん)は、波長の長さによって3つに分けられます。

紫外線A:
波長が長く、私達が浴びている紫外線の90〜95%を占めます。

紫外線B:
波長の長さはA とC の中間で、地表にはほんのわずかしか届きません。
ですが、波長の短いものほど強力なエネルギーを持っているため肌への影響も、
A波に比べ1000倍以上も有害作用があります。

紫外線C:
一番波長の短いC波ですが、オゾン層や大気中の酸素に吸収され、
みなさんの肌に届くことは、ほとんどありません。

紫外線の害のほとんどが
この紫外線Bによるものと言っていいほどです。

メラニン色素〜バストアップ〜

バストアップ関係「ケア」

メラニン色素

メラニン色素とは皮膚や毛、目の結膜などに
存在する黒色の色素のことです。

しみとは紫外線によって溜まってしまったしみのできるもと
メラニン色素)が増大し、皮膚の中に残ってしまうという事です。

精神的ストレスでもメラニンを作る細胞を刺激してしまう事があります。

しみになってしまったり、食生活で体質が酸性に傾いてまったり、
カフェインのとりすぎなどによってメラニン色素ができてしまいます。

そして、そのメラニン色素が体内に残ってしまったものがしみです。

有害な紫外線から細胞
守る働きをするラノサイトという細胞が、分泌する物質です。

メラニン色素は、バストや 乳首・ワキ・
ヒジ・ビキニライン・ヒザなどといった体の
部分におけるシミや黒ずみといった色素沈着の
原因になります。

このようなメラニン色素へのケアとしては、
様々な方法があります。

中でもバストはデリケートな部分であるため、
バスト色素沈着用の専用ケア用品などが色々あります。

外用として、直接その部分に塗るクリーム、
体の内側からケアするサプリメントなどがあります。


参考までに・・・・・

無色だったメラニン色素が黒くなる酸化反応を促進する、
触媒の働きをする酵素があります。
チロシナーゼといわれる酵素なのですが、
その酵素の働きをとめることでそもそも黒くしないようにできます。
そのチロシナーゼに対して、
チロシナーゼ活性阻害の働きを持つ物質というのが、
プラセンタエキスや、アルブチン、桑のエキス(そうはくひ)などです。


▲注意▲
くすみとしみの違い
シミはメラニン色素が正体で、皮膚のなかにあるもの、
くすみはメラニン色素ではなく皮膚の表面にあるものという違いがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。