バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

カルシウム〜バストアップ〜

バストアップサプリメント

カルシウム

カルシウムとは、骨や歯をつくっている栄養素で、
99パーセントが骨と歯で、残り1パーセントは血液など、
体液や筋肉などの組織のなかにあります。

生命維持や活動に重要な役割を果たしています。

また、カルシウムが不足すると、
骨粗鬆症なるおそれがあることで知られています。

カルシウム性質として、成人の体内に
含まれるカルシウムの99%は、リン酸塩炭酸塩として
骨や歯の成分になっています。

バストアップには必須の女性ホルモンであるエストロゲンは、
骨から溶け出すカルシウムを抑えて、骨を保護する役目をしています。

カルシウムを多く含む食材は、植物性のものでは、
ひじき・ワカメ・きくらげなどの海藻類、ゴマ、
パセリ、大豆、小松菜、豆腐など。

動物性では、桜エビ、チーズ、牛乳、小魚、貝類などがあります。

カルシウムは、ビタミンDと一緒に取ることで、
吸収率がアップします。

▲予備知識

骨はカルシウムの貯蔵庫です

骨は体の他の部分と同じように、少しずつ形成と破壊を繰り返し、
絶えずつくり替えられています。

食べたカルシウムは、小腸から吸収されて血中に入り、
すぐ使う分だけ残してあとは骨に蓄えられます。

一方、血中には常に同じだけのカルシウムが必要なので、
血中のカルシウムが不足する時、
骨は自らを壊してこれを補います。

ナイアシン〜バストアップ〜

バストアップサプリメント

ナイアシン


ナイアシンとは、水溶性のビタミンで別名ニコチン酸とも
呼ばれておりビタミンB郡の仲間の1つです。

ナイアシンが不足するとまれに皮膚炎を起こす場合があります。

ナイアシンは、たんぱく質に含まれる必須アミノ酸の1つである、
トリプトファンから体内で合成されています。

ナイアシンは酵素の成分となり、胃腸の働きを正常に保ち、
皮膚の健康を維持し、ホルモンの合成、血行促進などにも役に立っています。

そのためバストアップサプリメントや、ダイエットのための
サプリメントなどによく含まれています。


ナイアシンを含む食材としては、豚や牛のレバー、
鶏のむね肉、タラコ、玄米、落花生などがあります。

▲ビタミンB1・B2・B6が不足するとナイアシンの合成能力は低下します。

▲飲酒習慣がある人は積極的にとるとよいでしょう。

ナイアシンを大量に取ると副作用が出ますが、
食事から取る分には心配ありません。

過剰症として、皮膚がヒリヒリしたり、
かゆくなることがあります。


ナイアシンの1日所要量は、成人男性17mg、
成人女性13mg、妊婦15mg、授乳婦17mg、上限が30mgです。

ナイアシンは、熱、酸、アルカリ、光に強く、
酸化されにくい性質です。

主な供給源は、たらこ、魚、鶏肉、レバーなどです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。