バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

プエラリア 副作用

プエラリア 副作用

プエラリア・ミリフィカ(Pueraria mirifica)はタイ北部の熱帯に自生するマメ科の植物で、現地では女性の若返りの薬として昔から愛用されてきました。
プエラリアには女性ホルモンのエストロゲン様作用を及ぼす物質が含まれており、これが豊胸効果をもたらすと言われています。

プエラリアの主な効果として
1.豊胸効果
2.美肌効果
3.生理不順の改善
4.更年期障害の改善
が挙げられます。

特に豊胸効果が抜群ということで、サプリメントやクリームとして人気のプエラリア・ミリフィカですが、「植物起源のエストロゲンだから安全」と言う宣伝文句に乗ってドンドン使っていると危険なようです。

外から女性ホルモンを安易に体内へ投入して補充すると、副作用によって体の他の部分に影響が出てしまうことも、知られています。
それなのに、プエラリアは本物のホルモンではない、植物起源のホルモン作用をする物質だからいくら飲んでも安全と言う誤解があるため平気で飲まれています。

女性ホルモンと同じ働きをするプエラリア・ミリフィカ成分を適量摂取することで、明らかな改善がみられたと多くの報告がある反面、過剰に摂取すれば女性ホルモンのバランスがくずれてしまうのです。
プエラリア・ミリフィカには、ミロエステロールと言う成分が含まれています。

ミロエステロールのホルモン作用は強力で、その強さは、ステロイドホルモンである、医師や薬剤師の指導が無ければ服用できないエストラジオールに匹敵します。
ミロエステロールにもエストラジオール同様のホルモン作用があるのです。

ステロイドホルモンを多量に摂取すると、強いホルモン作用によってホルモン代謝系を撹乱(かくらん)します。
継続すると本来の女性ホルモン分泌が抑えられてしまって、不妊症などの原因になりますが副作用があってもなかなか発見できず、何が原因なのかもなかなか特定できないのです。
さらに厄介なのは、服用してもすぐにそのような副作用が出るわけではなく、逆に症状が出てから服用をやめても、症状はすぐには止まらない点です。

過剰摂取には十分注意しましょう。

プエラリア バストアップ

プエラリア

最近、「プエラリア」と呼ばれる、サプリメントが注目を集めています。
プエラリアは、学名をプエラリア ミリフィカ(Pueraria Mrifica)といい、 タイ北部やミャンマーの山岳地帯など、亜熱帯地域の密林、落葉樹林に自生するマメ科クズ属の植物です。

この植物がどのように発見され、注目されるようになったのかは、あるタイの学者が、タイの山岳民族であるモン族の女性達が、肌の色が白く、姿勢が美しく、バストが大きい女性が多いということに気付いて興味を持ったことでした。

調査・研究をしていくと、この部族の人達は、植物の根にできる芋を食べているという食習慣があることが判りました。

この芋を科学的に分析してみると、その成分はショ糖 (砂糖)・食物繊維が大部分を占めますが、女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれていて、この含有量は大豆の40〜100倍程にもなることが判りました。
さらに注目すべき点は、美容や健康の分野で注目されるようになったエストロゲン活性成分であるミロエステロールやデオキシミロエステロールが含まれていることなのです。

この二つの成分については、現在のところ植物では、フエラリア ミリフィカ以外には見つかっていないというのです。
この成分は、女性ホルモンを活性化させる働きがあることが解明されてきました。
この地方では、昔から「幻の回春薬」と呼ばれ伝えられてきたそうです。

イソフラボンは心臓血管、胸部、肌の外観、前立腺、骨格構造などの機能を健康的することが知られていて、植物性エストロゲンは、体に優しく作用し、副作用がほとんどない成分として、大きな注目を集めています。

プエラリア(ガウクルア)の安全性に問題はないのか?そして女性が注目をしているのは、服用で胸が大きくなる(バストアップ)効果が、非常にあるということのようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。