バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

さくらんぼ〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」

さくらんぼ

さくらんぼは、バラ科サクラ属の落葉高木です。
またの名を桜桃とも呼ばれています。

日本では、山形県が有名な産地です。

さくらんぼは、有機酸とブドウ糖や鉄分を多く含み、
疲労回復美容などに効果があるといわれています。
鉄の含有量は、果物の中でもトップクラスです。

疲労回復にも効果的
ミネラルやビタミン成分の量は多くありませんが、
バランス良く含んでいるので、疲労回復や食欲増進、
血行促進、美肌、疲れ目などに効果
があります。

また、体を温める作用があり、むくみ解消や、
気管支炎の消炎、食欲不振改善など効果は様々です。

その美肌効果により、美しいバストバストアップ
助ける美味しい食材のひとつといえるでしょう。

さくらんぼ の旬は、6月から7月です。

軸に鮮やかな緑色のもので、実の表面にツヤが
あるものを選ぶと良いでしょう。

さくらんぼの洗い方

ボウルに水を張り、ザルに入れたさくらんぼを
ザルごと揺らし洗いするだけでOKです。

ただし、あまり水につけすぎると旨みが失われますの
で、素早くして下さい。


▲生食以外の調理法

1:
フランベなどにして、ケーキやアイスクリーム、
ババロアなどの菓子の飾りにいかがでしょうか。
2:
ブランデー漬けにして菓子などの材料にします。
3:
ジャムなどにして長期保存もできます。
4:
ピュレにしてアイスクリームにしたり、ソースにします。

じゃがいも〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」

じゃがいも

じゃがいもは、ナス科ナス属の植物で、
日本では男爵いもメークインなどの種類が有名です。

じゃがいも には、ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンB3,
ビタミンB6ビタミンCナイアシン葉酸カリウムなど、
様々な栄養分が豊富に含まれているので、
バストアップに効果的な食材のひとつです。


じゃがいも はビタミンCが澱粉で包まれているので、
熱で壊れにくくなっています。カロリーは米の約半分です。
普及のときの”毒”説は、ソラニンという有毒な
アルカロイドの一種を含んでいる事からきています。
ソラニンは発芽の時に増加するので、
芽の部分を多く食べると吐き気、腹痛、頭痛などの
中毒症状を起こすと言いますのでご注意下さい。。

また、カロリーは、ご飯が100グラムで140kcalなのに対して、
じゃがいも100グラムで70kcalなので、
ダイエットにも最適です。

購入の際には、表面が緑色に変色していないもの、
芽が出てないもの、表面がボコボコではないものを選びましょう。

じゃがいも は、日光にあたると光合成をして
有害物質を作り出すので、保存は日の当たらない場所を
選びましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。