バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

にんにく〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

にんにく

にんにくは、ゆり科のねぎ属で、我が国には、
中国から平安時代以前に渡来したといわれています。

にんにくの栄養成分については、主にカリウム、
カルシウムビタミンB1B2ビタミンCなどが
多く含まれています。

特ににんにくに含まれるアリイン(アミノ酸の一種)が
にんにくを切ったりすることでアリナーゼという酵素の
作用でアリシンという成分にかわります。

アリシンは体内でビタミンB1と結合して
アリチアミンという物質になり、ビタミンB1の吸収を
促進してスタミナ補給や疲労回復に役立ちます。

この様な栄養豊富なニンニクは、バストアップ
助ける効果的な食材だといえます。

また、にんにくにはアリシンというにんにく
独特のにおいを持つ成分が含まれています。

その効果は、強い殺菌効果や、疲労回復、老化防止、
精神安定や血行促進など幅広いものです。

にんにくをすりつぶして食用油の中で
50〜80℃に熱するとアリシンが変化し
アホエン」になります。

そして変化した「アホエン」はアリシン
中心とするにんにくの栄養成分を受け継いでいて
しかもアリシンに比べ体内に入ってからも
安定しており長続きします、さらに独特の
においがないことや胃を荒らすなどの副作用が
起こりにくいなど、多くの利点を持っています。

そんなすごい成分が「アホエン」なのです。

にんにくは、刺激が強いため、
食べすぎには注意してください。
空腹時の大量摂取は、胃に負担がかかります。

とうもろこし〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

とうもろこし

とうもろこしは16世紀に、ポルトガル人によって
日本に伝わってきた食材で、原産地は
メキシコ・アメリカ南部だといわれています。

トウモロコシ小麦と共に世界三大穀物の一つです。

とうもろこしには、糖質が多く、
バストアップに効果的なビタミン
ミネラルをバランスよく含んでいる食品です。

また、とうもろこしの粒の白い部分には
コーン油になる脂肪分や、ビタミンB1,ビタミンB2,
ビタミンEなどを含んでおり、胚芽部分からとれる
コーン油は、不飽和脂肪酸が多くコレステロール
下げる効果があり、動脈硬化などに有効といわれています。
粒の表皮は食物繊維が多いので、
便秘の予防に効果的です。

とうもろこしの栄養は、特に胚芽部分に集中しているので、
実をとる時は包丁を使わずに手でむしるように
することをおすすめします。

とうもろこし
は鮮度が命です。生のとうもろこし
購入したら、その日のうちに食べてしまうのが
美味しく食べるコツです。

残った場合は、冷凍保存がおすすめです。


とうもろこし
の種類のスイートコーン
肥満を防ぎ、美肌を維持し、若返りに貢献し、
子宝を授けるなんて、女性に必須の野菜として
知られています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。