バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ひじき〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

ひじき

ひじき は、美容のビタミンといわれるビタミンA
豊富に含みます。

また、ひじきの半分が食物繊維なので、
健康食材として注目されています。

ひじきは、ホンダワラ科の海藻で、
日本近海の波の荒い外海の岩礁に育つ。

カルシウムや鉄分が非常に豊富で、
骨や歯の成長、貧血予防に有効。

また、ひじきはその成分の約1/2が食物繊維のため、

便秘解消や生活習慣病の予防に効果的。

その他、褐色色の海藻にしか含まれない、
色素成分のフクコサンチンには、ガンの抑制効果がある。

ひじきには、長ひじきと芽ひじきと呼ばれるものがあるが
種類が違うのではなく、茎が長ひじき、先端の芽や小枝の部分が
芽ひじきといわれる。

食物線維はビタミンB群の合成を助ける働きがあり、
大豆、肉、魚などのタンパク質と一緒に料理すると、
その働きがさらにアップします。

カルシウム含有率も牛乳の約12倍といわれ、
ミネラルが豊富にふくまれています。

アレルギーなどで牛乳が摂取できない方、
牛乳が嫌いな方には、おすすめのカルシウム供給源です。

ひじきには、ボロンという成分も含まれており、
このボロンとはバストアップに欠かせないエストロゲン
血中に多く存在させる働きがあり、ビタミンDを変換します。

エストロゲンの働きは、バストアップにとって
重要といえるでしょう。

エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで
卵胞ホルモン」とも呼ばれるもの。

排卵の準備をするホルモンで、生理の終わりごろから
排卵前にかけて分泌が高まる。

40代半ば頃から分泌が急激に減少しはじめ、
うつやイライラ、不眠、倦怠感などのさまざまな
更年期症状の原因となる。

ひじき は料理に使用するさい、水につけて戻します。

長い時間つけすぎると、栄養まで一緒に
出てしまいますので注意してください。

肝油〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

肝油

肝油とは、サメやくじら、たらの肝臓から
抽出した脂分のことを言います。

サメ肝油が注目されている理由の一つとして、
白血球細胞の一種であるマクロファージの生成を
助けるということです。

普通、ガンの治療などのために放射線の照射を
浴びると免疫機能が低下して、ガン細胞などと
戦う白血球やリンパ球が減少してしまいますが、
この物質が人体の免疫システムを維持 させてくれるのです。

また抗酸化作用も認められており、
様々な感染症に対する抵抗力をつけてくれるのです。

現在様々な種類の食品が生産されていますが、
その成分に関してはそれぞれのサメの種類と抽出方法で、
若干の違いがあるようですが、熱処理を施していない方が
品質は高いようです。

肝油には、ビタミンAビタミンD
含まれているほかに、スクワラン
アルコキツグリセロールといわれる化合物など、
健康促進や美容バストアップに効果的な
成分が多く含まれています。

スクワランは肌を柔らかくして、
皮膚呼吸や皮膚の新陳代謝を高めてくれる働きがあるので、
しっとりした、若々しいと美しいバスト
保つ働きがあるといわれています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。