バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

牛肉〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」

牛肉

牛肉には、ビタミンB1、B2、B6、B12、
ナイアシンパントテン酸など美容
健康に効果的なビタミンB群や、鉄分が
豊富に含まれていますので、バストアップにも
効果的といえます。

3大栄養素たんぱく質が豊富なのも牛肉の特徴です。
3大栄養素の一つであるタンパク質は、血液や皮膚、
内臓、毛髪、爪などをつくるために必要な栄養素です。

毛髪や爪だけでなく、皮膚も周期的に生まれ変わるものなので
タンパク質はきれいなおや髪の毛、爪を作るためには
欠かせません。
にはりを与えるコラーゲンもタンパク質の一種です。

鉄分は、豚肉より多く含まれています。

ビタミンB2は、美容ビタミンと言われるくらい脂肪
燃焼には欠かせないビタミンです。

ビタミンB2が不足すると、
脂肪太りを招きやすくなるといわれています。

また、肉類に含まれるビタミンB12は野菜には
含まれていない成分なので、
バランスよく摂るようにしましょう。

牛肉は、良質なタンパク質を含むため、
強弱体質の方におすすめですが、
牛肉に含まれる脂肪には、コレステロール
上昇される働きもあるので、
摂取量は、適量を心がけましょう




豚レバー〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

豚レバー

豚レバーは、鉄分やビタミンB、ビタミンB2が
豊富に含まれています。

鉄分を含む食品にはいろいろありますが、
中でも一番、少なく食べてしかも鉄分が多いのは
レバーです。


体の中のほとんどの栄養素の代謝に関係し、
脂肪を分解してくれます。

ビタミンB2が不足すると、脂肪がスムーズに
代謝されにくくなり、のトラブルが起きやすくなります。

皮膚や粘膜を健康に保ち、細胞の再生を助けるので、
バストの発育にも必要です。

バストアップや貧血、視力低下、栄養不良などに
効果があるといわれている食品の1つが豚レバーです。

また、豚レバーは、生理機能を高める働きがあり、
古くから生理不順などの婦人病に
用いられていたことが知られています。

豚レバーに含まれるビタミンB2は、細胞の再生や成長を
促進する働きをもち、新陳代謝を高めてくれるので、
美肌効果も期待できます。

バストアップには欠かせない成分、
亜鉛も含まれています。

亜鉛には、タンパク質や新陳代謝に関わる、
遺伝子が働くために欠かせないミネラル。

亜鉛が不足すると、ホルモン生成の低下や、
免疫威力の低下、皮膚炎うつ病などの精神障害を、
引き起こすとされている。

豚レバー週に1度摂取すると、より効果的です。

豚レバー購入の際は、色が鮮やかに
赤く弾力のある新鮮なものを選びましょう。
白くにごったように見えるものは、
避けるようにすると良いです。


ビタミンB2

ビタミンB2は、細胞の再生や成長を
促進するはたらきのあるビタミンで、
健康な皮膚、髪、爪をつくります。

そのほか、脂質の代謝を促進し、
糖質の代謝にも関係しています。

ビタミンB2が不足すると、脂質の代謝が
スムーズにいかず、エネルギーになりにくくなります。

また、ビタミンB2は粘膜を保護するはたらきもあるので、
不足すると口内炎口角炎、目の充血、
角膜炎などを起こします。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。