バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

牡蠣(カキ)〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」

牡蠣カキ

牡蠣は、各種ビタミン、ミネラル必須アミノ酸
ナイアシンなどが豊富だがコレステロール
カロリーは低く、ダイエットにも向いていると思います。

特に亜鉛は食品の中でも一番多いとされています。

さまざまな栄養素を含む、最高の美容食材健康食材
言われています。

グリコーゲンというブドウ糖の分子が
団子状に固められた糖源をはじめ、
血中のコレステロールを下げてくれるタウリンや、
8種類の必須アミノ酸をはじめ、18種類のアミノ酸を
含んだ良質のたんぱく質、カルシウム、りん、亜鉛、
鉄そしてビタミンEなどの良質なミネラルや
ビタミンを含有します。

亜鉛は、バストアップに欠かせない女性ホルモン
促すという効果があります。

従って牡蠣をとることで、
バストアップ効果が期待できます。

生牡蠣に酢やレモンをかける食べ方は、
ビタミンCやクエン酸により亜鉛を効率よく体内に
吸収できるといわれています。

グリコーゲンとは

グリコーゲン(glycogen)は
グルコース(ブドウ糖)が、
たくさんつながっている多糖類です。

動物の肝臓・筋肉などに含まれています。

動物体内でのグルコースの貯蔵源で、
健康な人は、18時間分のエネルギー供給に
必要なグルコースグリコーゲンとして
蓄えているといわれます。

容易にブドウ糖にかわり必要に応じて
即効性のエネルギーとなります。

肝臓の働きを活発にし、ホルモンを正常に
機能させて体に活力を
与えるという働きも知られています。


果物〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」

果物

果物といっても、たくさんの種類があり、
それぞれの成分が種類によって違ってきます。

ミネラルビタミンCなどを含んだ果物
バストアップ美容、また、健康維持のためにも
良いとされています。

ミネラル(無機質)は 私たちの体内に 
構成する成分として 4%くらい存在します。 

体内での活躍として 

1.
骨や歯の成分として活躍。 

2.
血液や体液の浸透圧・酸アルカリ平衡・水分平衡の保持  

3.
血液やホルモン・酵素を構成する成分として 

4.
血液の凝固・酵素反応と関係する

5.
神経や筋肉が機能するため 

などの働きをしています。

また、果物の多くに含まれる植物性エストロゲンが、
バストアップに欠かせない女性ホルモン
エストロゲンと同じような働きをしてくれるので、
バストアップに効果的だといえます。

果物は、調理しなくても、そのままで摂取できるため、
食事に取り入れやすいという利点があります。

ですが、果物には果糖が含まれるため、
食べすぎには注意してください。

ミネラルの種類

カルシウム(Ca)
リン(P)
マグネシウム(Mg)
ナトリウム(Na)
カリウム(K)
塩素(Cl)
(Fe)
(Cu)
亜鉛(Zn)
セレン(Se)
マンガン(Mn)
ヨウ素(I)
コバルト(Co)
イオウ(S)
モリブデン(Mo)
クロム(Cr)

    などがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。