バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

緑黄色野菜〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」

緑黄色野菜

緑黄色野菜(トマト・ほうれん草・ピーマンなど)には、
バストアップに良いとされる成分、ベータカロチンを
他の野菜よりも多く含みます。

ビタミンAもや目など、皮膚の粘膜の正常を
保ったりするのに重要な働きを行いますが、
ベータカロチンそれ自体も健康に役立つ働きをします。

活性酸素の働きを抑える強い抗酸化作用、
また皮膚を健康に保つ働きのために、
この栄養素が多く使用されるといわれており、
丈夫な皮膚(粘膜)は外部からの感染症等に
対しての抵抗力を持っています。

このカロチンは、脂質に溶けるので吸収率がよく、
カルシウムや鉄分はたんぱく質と一緒に摂取すると
吸収率があがります。

他にもビタミンCやビタミンEなどが
含まれています。

ご飯やパンなどの主食とともに、サラダ、煮物、炒め物などで
緑黄色野菜を取り入れ、バランスのよい献立を心がけることで、
バストアップに欠かせないホルモンバランスも整い、
バストアップに効果的です。


緑黄色野菜について

緑黄色野菜の対する厚生労働省の定義では
「新鮮な野菜100g中にベータカロチン
600マイクログラム(μg) 以上含んでいるもの」
とされています。 

またベータカロチンの含有量が600μg以下であっても、
一般的に広く食べられている、トマトピーマン等は
緑黄色野菜に含められています。
具体的には、にんじんほうれん草パセリしゅんぎく
こまつなにらかぼちゃブロッコリーさやえんどう
しその葉アスパラガスピーマン、などのことをいいます。

また、ベータカロチンの量が600μg(マイクログラム) 以下の野菜は
「淡色野菜」と呼ばれています。 
淡色野菜の仲間は、なす、きゅうり、オクラ、レタス等になります。


海苔(のり)〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」

海苔のり

海苔は良質のたんぱく質を豊富に含んでおり、
海の大豆とも呼ばれています。

最も多い成分は炭水化物で、
以下たんぱく質、ミネラルが続きます。

カルシウムのほかリン、ナトリウム、カリウム、
も豊富です。

海苔は海の恩恵が詰まった万能食品なのです。

海苔には、美容バストアップに必要な成分ビタミン類や
カロチンが豊富に含まれています。

特に、ビタミンAが多く含まれていることで知られています。

ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、ナイアシンなども、
普通の野菜に比べると約10倍から100倍も
多く含まれているといわれています。

海苔は朝食などにも気軽に取り入れることができるので、
他の食材との栄養バランスをとることで、
バストアップ美肌効果が期待できます。

海苔は和食だけでなく、
洋風の料理にも意外に合うものです。

チーズハンバーグパスタなどが合わせやすく、
美味しいメニューです


海苔の栄養について

海苔にはアラニングルタミンアスパラギン酸などの
アミノ酸が多く含まれているんです。

体力、免疫力の効果など様々な特長を有するアミノの力が
海苔に備わっているわけです。

海苔特有の甘みを引き出しているのはアラニン
グリシンです。

ビタミンもA、B1、B2、Cと勢ぞろいです。
その他、海苔に含まれるカルシウムとリンは、
相乗作用でより強い骨を作ります。

鉄には疲労防止の効果があります。

めまい、息切れ、鉄分欠乏性貧血の予防に役立つ優れもの。
ビタミンCが鉄分の吸収を助けます。

カリウムは水溶性の成分なので火を通す煮物などでは
摂取しにくい栄養素です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。