バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

うなぎ〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

うなぎ

うなぎ は、バストアップに欠かせない良質な
タンパク質に加えて、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンEや
カルシウム、鉄分などを含み、その栄養バランスの
良さが知られています。

特に、ビタミンAと同じ作用をするレチノール
豊富に含まれ、カボチャなどに含まれる植物性カロテン
7倍もの働きをしてくれます。

レチノールとは、正確にはビタミン A
1種のことですが、狭い意味で、ビタミン A そのものと同じ
意味で使われる場合もあります。

もともとは、夜盲症を改善する因子として発見された脂溶性
(油に溶けやすい)ビタミンで、動物の成長、
正常な視力に必須のビタミンです。


皮膚や粘膜などの組織にも働き、
美肌効果が得られる他、栄養バランスが
良いのでバストアップにはとてもよい食材といえます。

うなぎ は栄養価が高い為、夏バテ防止などで夏の体力回復などに
お勧めの食材として扱われております。

▲タンパク質

タンパク質 バストアップ以外にも
とても必要な栄養素です。

血や筋肉を作り、ホルモンの分泌などに働きます。

動物性タンパク質と植物性タンパク質の両方を
バランスよく摂りましょう。

女性ホルモンの働きを促進し豊かなバストを作ります。

1日に必要なタンパク質は自分の体重×約1グラムだそうです。


豚肉〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

豚肉

豚肉は昔から、身体によいということで
沖縄県では日本一消費されている肉類です。

豚肉の栄養素は三大栄養素の代謝を助ける
ビタミンB群が豊富です。

豚肉にふくまれるタンパク質を摂るとや血管の
弾力性をたもち、余分な修正脂肪を燃焼させて贅肉を
少なくさせる効果があるといわれ、美容によいとされています。

豚肉には、バストアップに欠かせない女性ホルモン
働きを促すたんぱく質と共に、神経の働きを
正常に保ってくれるビタミンB1も含まれています。

豚肉ビタミンB1の含有量は、牛肉の10倍と
いわれており、虚弱体質、疲労回復にもおすすめです。


その他の栄養

▲ビタミン群

ビタミンB1が牛肉の10倍という豊富さが
豚肉の栄養特性です。

B1は、ご飯パンに含まれる糖質の
分解を助け、エネルギーにかえるという過程で、
重要な働きをします。

また、脳の中枢神経や手足の末梢神経の機能を
維持するなどと働きます。

不足すると、集中力低下、疲労感、気分がふさぐなどの
症状が表れます。

お米が主食の日本人にとって不可欠の栄養素です。


▲ミネラル類

リンカリウムなどが豊富です。

は吸収の悪い栄養素ですが、
動物の赤身肉に含まれている鉄は、筋肉中に酸素を
取り込むためのミオグロビンも持っていて、ヘム鉄と
呼ばれます。

ヘム鉄は23-35%と吸収がいいのです。

ちなみに小松菜などに含まれる植物性の
非ヘム鉄は5%の吸収率です。

これらの鉄はたんぱく質と一緒にとらなければ
吸収率は上がりません。

ヘモグロビンの必須成分で、
酸素の運搬、各細胞では酸素の成分を
酸素を活性化させる、貧血を予防、血行をよくして顔色を
よくするなどと働きます。

不足すると、体は酸欠状態になり、
息切れやめまいなど貧血による症状が表れます。

リンは骨や歯を作り、神経や筋肉の機能を
正常に保つ働き、カリウムは細胞内外の浸透圧を
維持するほか、ナトリウムによる血圧上昇を抑制します。

とともに欠乏しやすい成分なので、
つとめて摂取するように心がけなければなりません。

栄養特性のビタミンB1をいかすのはアリシンという成分です。

ビタミンB1の吸収を高め、
糖質を効率よく燃やしてエネルギー化します。

夏バテ解消疲労回復、集中力をつけます。

また、B1は腰痛を内側から防ぐ有効成分でもあります。

筋肉・神経系疲労を回復し、
筋肉痛の緩和に効果があるからです。

B1に加えてコラーゲンを生成するビタミンCを
たっぷりとれば、椎間板を丈夫にするなどして
腰痛も応援します。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。