バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

にんじん〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

にんじん

にんじんに は、身体を健康に保つために必要な
ベータカロチンを含みます。

野菜の中でもにんじんには、ベータカロチン
多く含まれているといわれています。

免疫力や抵抗力を高めるカロチンたっぷりの
緑黄色野菜の王様ともいわれております。

ベータカロチンは、体内で求められる必要な量だけが
ビタミンAに変わり、残りがベータカロチンとしての役目を
果たすことで知られる美容には欠かせない成分です。

ビタミンAは、皮膚や粘膜など正常に保つ働きがあるので、
ハリのある美しい肌を保ち、キレイなバスト
作るために欠かせない栄養のひとつです。

その他に、ビタミンAは目の疲れにも
有効だといわれています。

にんじんは、生のままより、加熱することで
カロチンが吸収されやすくなります。

ビタミンAとは

ビタミンAは動物性食品にはレチノール
植物性食品にはカロチンという形で含まれている物質です。

カロチンは野菜や果物に含まれる、
黄色やオレンジ色の色素。

野菜や果物に含まれるβ-カロチンがその代表です。

体内に入ると腸で吸収され、
ビタミンAに変わることから、
ビタミンAになる前の物質=プロビタミンAとも呼ばれています。

ビタミンAは粘膜を丈夫にし、
皮膚や髪、歯茎の健康を保ち、視力を正常に保ってくれます。
また、免疫力を正常化し、強い骨を作る助けとなり、
成長を促進させるなどの働きがある。

病気の回復を助ける上でも重要なビタミンと言われています。

カロチンには体の各器官が酸化するのを防止する抗酸化作用があり、
これは活性酸素を除去し、細胞膜が傷つけられるのを
防いでくれるものです。

このことからガンの抑制や予防、心臓病の予防、
コレステロール値の低減に効果があるという点で注目されています。

さらに、ビタミンB、E、D、カルシウリン亜鉛は、ビタミンAが
十分でないとその効果が発揮されません。
栄養素の潤滑油としても、ビタミンA
摂取する必要性は高いといえます。


緑茶〜バストアップ〜

バストアップ効果的な食品の紹介」

緑茶

緑茶には、カテキンビタミンCクロロフィルなど様々な
栄養素が含まれています。

お茶の特色である渋味、その渋味をつくっているのが、
カテキン」という成分で、ポリフェノールの一種、
別名タンニンです。

お茶に含まれるのはカテキンエピカテキン
ガロカテキンエピガロカテキンエピカテキンガレート
エピガロカテキンガレートなど数種類あり、
お茶の成分全体の8〜15%を占めます。


皮膚細胞が生まれ変わるのを促進してくれることから、
バストの美しさを保つ助けとなります。

また、抗酸化作用もあるので、
が清潔に保たれるなどの効果もあります。

様々なバストアップサプリメントにも
緑茶抽出物などが含まれており、バストアップ
美肌効果、またダイエットなどにも効果が期待できます。

緑茶は美容製品の成分などにも含まれており、
体の外からもその働きを
活用することのできる成分のひとつです。

▲現在、カテキンの生理作用としては次のことが確認されています。

1)抗酸化作用
2)抗菌作用、腸内細菌の改善
3)抗う蝕作用
4)消臭作用
5)活性酸素消去作用
6)コレステロール上昇抑制作用
7)血糖上昇抑制作用
8)血圧上昇抑制作用
9)抗腫瘍作用
10)抗アレルギー作用
11)血小板凝集抑制作用
12)紫外線吸収作用--など。

クロロフィルとは

クロロフィル
は、別名葉緑素という。

消臭・殺菌効果のほかに、ビタミンCとの相乗効果で
美白美顔などの化粧品・口臭予防液に入れられる。

銅と結びついた銅クロロフィルは顔料としての
色落ちが少ないことと、鉱物顔料より肌にやさしく、
メイク用に使われる。

クロロフィルの原料は、淡水系藻類のスピルリナやよもぎ、
わかめのような海藻類から分離抽出される。
クロロフィルは油溶性でもあり、角質の皮脂層で溶け、
優れた抗菌性と殺菌力によって、ニキビの原因となるアクネ菌の
繁殖を防ぎ、肌の炎症を抑える。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。