バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

豆乳〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」

豆乳

豆乳とは、お豆腐を作る過程の中でできるもので、
大豆をすりつぶして絞った汁の事をいいます。

高タンパクで、コレステロールが気にならないと言われ、
古くから健康食材・美容食材として注目されています。

豆乳の原料となる大豆には、イソフラボンという、
女性ホルモンによく似た栄養素がふくまれています。

女性特有の症状である、更年期障害、骨粗しょう症なども、
大豆イソフラボンである程度、改善、予防できるといわれています。

豆乳は、食事から摂取して内部からの栄養を
摂取する事ももちろん、豆乳を使った美容製品などで、
外側から摂取する事もできます。

美肌効果もあるので、バストアップのほかに、
バストにハリを持たせてくれる効果も期待できます。


バストアップ以外のイソフラボンの効果

<ガンの予防に>

イソフラボンは、大豆の胚芽に含まれている植物性化合物で
ポリフェノールの一種で、女性ホルモン(エストロジェン)に
似た構造をしています。

日本人は欧米人に比べてホルモンに関係するガンの発生が
少ない事が注目されていました。

それは、日常の食生活で大豆食品を多くとっているためで、
ガンを予防するはたらきによるといわれていました。


<骨粗しょう症予防に>

骨がスカスカになる骨粗しょう症は、
これまで老化による生理現象と考えられていました。

女性は閉経後、それまで骨を丈夫にするように
役立っていた女性ホルモンのエストロジェンが
不足することによって骨にカルシウムが届けられにくくなり、
スカスカで折れやすく、曲がりやすい状態になります。

イソフラボンは大豆のフラボノイドの一種で、
別名「植物エストロジェン」ともいわれ、
代替ホルモンとしての働きが骨粗しょう症や
更年期障害の予防に役立ちます。  

卵〜バストアップ〜


バストアップ効果的な食品の紹介」



理想のバストをつくるためには、規則的な生活とともに、
バランスのとれた食生活が重要です。

はそれだけで、完全食品といわれています。

には、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンD、鉄、
たんぱく質などがバランスよく含まれており、美肌
老化防止などの効果が期待される食品です。


にはコレステロールを除去するはたらきがあります。

それは、卵に含まれる「レシチン」のはたらき。
レシチンとは、ギリシャ語で卵黄を意味する「レシトース」から
出た言葉で、「リン脂質」と呼ばれる脂質の一種です。

レシチンは人間の細胞の細胞膜の主成分であり、
特に脳や肝臓の細胞膜に大量に含まれ、
細胞を若々しく保ったり、脳や神経系のはたらきを
活発にするなどのはたらきがある。

また、細胞の中からコレステロールを取り除く時に
はたらく酵素の作用を助け、血管壁にこびりついた
コレステロールを除去して血管の若さを保つ。
つまり、動脈硬化や狭心症、脳卒中などに対する
予防効果があるのだ。

また、にはバストアップに欠かせない女性ホルモンの働きを
促す必須アミノ酸が含まれる良質なたんぱく質をとるためには、
や肉類・魚介類などがお勧めです。

動物性のたんぱく質や、植物性のたんぱく質を
バランスよく摂ることで、女性ホルモンの働きを
促進してくれるので、バストアップ効果に期待が持てます。

しかし、これらの食品は、カロリー脂肪
多く含まれるため、個人に合わせた適量に注意をおきましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。