バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

タバコはバストアップに禁物〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」

タバコはバストアップに禁物

タバコはバストアップに禁物です。

タバコを喫煙すると、バストアップ
欠かせないビタミンといわれるビタミンCが
破壊されます。

また、タバコに含まれるニコチンという成分が
エストロゲンの分泌を妨げてしまったり、
ニコチンが体内に入ると毛細血管を収縮させたり、
消化吸収機能を低下させる働きをしてしまうので、
バストアップの強い妨げになることが知られています。

バストアップのために体に良い事をしていても、
喫煙する事で台無しになってしまいますので、
喫煙はお勧めできません。


エストロゲンについて

一般に卵胞ホルモン、または女性ホルモンとも呼ばれます。

排卵の準備をするホルモンで、生理の終わりごろから
排卵前にかけて分泌が高まります。
40代半ば頃から分泌が急激に減少しはじめ、
うつやイライラ、不眠、倦怠感などのさまざまな
更年期症状の原因となる。



▲ニコチンについて

ニコチン (nicotine) はアルカロイドの一種です。
揮発性がある無色の油状液体で、化学式は C10H14N2。
主にタバコの葉に含まれています。

先進国においては喫煙によって摂取され、
最も身近な依存性薬物の一種であり、
神経毒性が非常に強い猛毒です。



脂肪組織とは〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」
脂肪組織とは


脂肪組織とは、皮膚と筋肉との間にあり、
脂肪細胞が集まったものです。

脂肪細胞には、トリグリセリド維持における重要な
生理的役割とインシュリン耐性と遊離脂肪酸水準を
決定する役割があります。

腹部の脂肪内臓脂肪)では、代謝を抑制するという代謝、
すなわちインシュリン耐性皮下脂肪に比して強く誘導する傾向が、
近年の内分泌機能の検討により明らかとなりつつあるそうです。

これは、中心性肥満が損なわれた耐糖能のマーカーで、
心血管疾患の独立した危険因子
(糖尿病と高血圧をはじめとして、
これら疾患をメタボリックシンドロームと呼ぶ)という事を示唆します。


バストは、この脂肪組織が90パーセント、
乳腺組織が10パーセントからなりたっています。

女性ホルモンの分泌を活発にしたり、
バストアップマッサージなどをすることで、
乳房の脂肪組織乳腺が発達して、
バストアップができます。

自分で脂肪組織を発達させるマッサージをするために、
バストアップジェルなどがよく利用されています。


脂肪組織により分泌されるホルモンの種類

アディポネクチン
レジスチン
アンギオテンシン
PAI-1(血液凝固参照)
TNFα
IL-6
レプチン

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。