バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

月経(生理)について〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」

月経(生理)について

月経は一般に「生理」ともいわれています。
生きていくうえで自然にみられる現象だからこそ、
そうよばれているのでしょう。

初経(初潮)から閉経まで、
女性のほぼ半生についてまわる現象ですから、
女性にとってはたいへん身近な存在です。

一般的に、12〜13歳に初経(初めての月経)が
来ると言われています。

月経とは、子宮の内側を覆っている内膜が、
一定の周期ではがれ落ち血液とともに
排出されることです。

月経の起こるしくみには、
直接的には卵巣から分泌される
女性ホルモンが関わっています。
この女性ホルモンエストロゲン卵胞ホルモン)と、
プロゲステロン(黄体ホルモン)です。


月経前症候群といわれる症状があり、
月経(生理)が起こる前に、イライラするなど感情が
不安定になったり、乳房が敏感になったり
痛みや張りなどがでる場合などがあります。

また、バストアップサプリメントで多いのが、
女性ホルモンの働きによく似た成分が
含まれているものがあります。

それによって、サプリメントを摂りすぎたりしてしまうと、
生理不順生理異常が起こる場合などもあります。


エストロゲン【えすとろげん】

女性ホルモンのひとつで
卵胞ホルモン」とも呼ばれるものです。

排卵の準備をするホルモンで、
生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まる。

40代半ば頃から分泌が急激に減少しはじめ、
うつやイライラ、不眠、倦怠感などのさまざまな
更年期症状の原因となります。


プロゲステロンぷろげすてろん

女性ホルモンのひとつで「黄体ホルモン」とも
呼ばれるです。

排卵〜次の月経までの間(黄体期)に分泌されるもので、
排卵を抑制するはたらきがあります。

基本的にエストロゲンを補足する役目を果たし、
妊娠の維持・出産に欠かせないホルモンです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲストロン(黄体ホルモン)とは、
女性ホルモンのひとつで「黄体ホルモン」とも
呼ばれるものです。

排卵〜次の月経までの間(黄体期)に分泌されるもので、
排卵を抑制するはたらきがあります。

基本的にエストロゲンを補足する役目を果たし、
妊娠の維持・出産に欠かせないホルモンです。


子宮内膜の成熟を促したり、
子宮筋肉の緊張を和らげたりする役割をもつ
ホルモンのことで、乳腺を発達させる働きも
持っています。

このプロゲストロン黄体ホルモン)の分泌を
促すことによって、バストアップができます。

方法としては、食事療法、ハーブやサプリメントなど、
様々な方法があります。

生理中などに、プロゲストロン黄体ホルモン)が
少ないと、生理痛になるとも言われています。

バストアップさせるために、
プロゲステロンのような女性ホルモン
活発にしようと考えることは、
とても重要といえるでしょう。

また、プロゲストロンは、女性の月経周期を決めて
妊娠や出産などに重要な役目を果たすホルモンです。

子宮内膜子宮筋の働きを調整したり、
乳腺の発達や体温上昇などに関わります。
血糖値を正常にして、体脂肪を減少したり、
自然な利尿作用もあります。

プロゲステロンはその他に、
他のホルモンのバランスを調整するための
ホルモンとしても有名なホルモンです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。