バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

乳房について〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


乳房について

乳房にゅうぼうちぶさ)は、多くの哺乳類のメスに
存在する、皮膚の一部がなだらかに隆起しているように
みえる器官で、その内部には、乳汁母乳、乳)を
分泌する機能を持つ外分泌腺の乳腺にゅうせん)が存在する。
幼児語ではおっぱいともよびます。


乳房とは、胸の上にある皮下脂肪のことで、
大胸筋などの筋肉群とともにバストを形成しています。

乳房マッサージしたり、筋肉トレーニングをすることで、
バストアップすることができます。

乳房の成長について

Tannerの分類によれば、
両性において共通するのが第1段階である。

その後、女性は第2・3・4段階の課程を経、
第5段階において女性成人型に変化する。


第1段階 第一次性徴期(第一次性徴は性別差なし)

第2段階 乳輪下に脂肪組織が蓄積し始める。
     乳頭、乳輪(乳暈)が広くなり、乳首・乳輪の色が変化。

    (定義上では、ここから思春期)

第3段階 脂肪組織が蓄積し外見差が出てくる

第4段階 乳輪が隆起し、ほぼ成人型になる

第5段階 女性成人型となる



しかし、食事や生活リズムが不規則であると、
自律神経に影響をもたらし、女性ホルモンを不安定にします。

そのため乳房に十分な栄養が行き届かず、
発育不良となります。


ホルモンについて説明します。

ホルモンは体内にある細胞でしか作られない化学物質です。
その数は70種類以上存在し、脳の視床下部、
甲状腺、卵巣、睾丸などの内分泌腺で作られ、
血液の流れにのって、様々な組織や臓器に刺激を与えること

によって、情報を伝達する働きをもっています。

ホルモンは代謝や食、性機能など大切な生命活動をコントロ
ールし、心身がバランスよく働くための潤滑油として、
なくてはならない重要な役割を担っています。


バストアップをするために、生活リズムや食事を規則正しく、
栄養バランスを考えて摂るようにすることが
バストアップの基本となる訳です。



極端なダイエットは禁物〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


極端なダイエットは禁物

体脂肪は、ありすぎるのもよくありませんが
少なすぎても、健康によくありません。

適度な体脂肪率は身長と年齢によって変わってきますが
体脂肪率が下回りすぎると、生理の異常や排卵の
異常が引き起こされると言われています。

女性の理想的な体脂肪率は、
30歳未満で17〜24%、
30歳以上で20〜27%。
30%以上は肥満とされています。

体脂肪率というのはその名のとおり
「自分の体重の何%が脂肪なのか」を示した値です。

また、体脂肪率とは別に肥満度BMI)という言葉もあります。
それは以下のような計算式で割り出します。


肥満度(BMI)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)


また、極端なダイエットにより急激に体重が落ちると
身体に様々な影響を及ぼし、視床下部のホルモン中枢
ダメージを与え女性としての機能を保持するための
ホルモンであるエストロゲンの分泌の指令を
出せなくなってしまい、それによって
バストがサイズダウンしてしまう事が
あるといわれています。


エストロゲン 【えすとろげん】

エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで
卵胞ホルモン」とも呼ばれるもの。

排卵の準備をするホルモンで、
生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まる。

40代半ば頃から分泌が急激に減少しはじめ、
うつやイライラ、不眠、倦怠感などの
さまざまな更年期症状の原因となる。



キレイはバストは、健康体によって作られます。
生理に影響するような極端なダイエット
避けるようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。