バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

下半身肥満について〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


下半身肥満について

基本的に肥満とは 体脂肪が過剰に蓄積した状態です。
たとえ体重が多くても、ボディビルダーや重量挙げの選手などは
筋肉で体重が増えているために肥満ではありません。

一方、体重が多くなくても体脂肪が多い場合は肥満と言えます。
肥満は万病のもと」といわれるように、色々な病気を引き起こします。

下半身肥満とは、腹部から下半身にかけて
脂肪がたまっているタイプです。

洋なし型肥満」「下半身肥満型」とも呼ばれ、
日本人に多く見られ、女性に多いのが特徴です。

下半身、特にお尻や太腿周辺に脂肪が多く付いているタイプ。
下半身肥満は女性に多い。ある程度の脂肪は女性にとって
必要なものでありますので健康上問題は少ないといわれています。

また、下半身肥満の原因として、

女性は、上半身に比べ、下半身の方が
約6倍も脂肪をためやすい体質を持っています。

またムリなダイエットをした結果、
下半身ばかりに脂肪がつき、バストは落ちてしまう
ケースも知られています。

そのため下半身肥満を防ぐ対策は、
バランスの良いプロポーションをつくり、
結果的にバストアップをもたらすと言われています。


@肥満が原因で起こる病気

1.糖尿病
2.高血圧症
3.高脂血症、脂肪肝
4.動脈硬化症
5.胆石症
6.睡眠時無呼吸症候群
7.癌 


A肥満の原因
1.過食
2.摂食パターン異常
3.運動不足
4.遺伝


バストの仕組み〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


バストの仕組み

乳房のふくらみの大小を決定するのは乳腺と呼ばれる部分で
乳腺が発達しているほどバストは豊かです。

乳腺小葉という主に乳汁を作る組織と、
乳管という乳汁乳頭まで運ぶ管とから成り立っており、
小葉乳管腺葉というちょうどブドウの房のような
単位を作っています。

一つの腺葉からは1本の主乳管が乳頭に開口しています。

このような腺葉が15〜20個集まって一つの乳腺となっており、
前からみるとひとつひとつの腺葉
乳頭を中心とした扇状に分布しています。

この乳腺を刺激してバストを大きくするのが女性ホルモン

しかし女性ホルモンバストに充分いきわたらない場合
バストが未発達になってしまいます。

女性ホルモンは卵巣でつくられ思春期になると
分泌が活発になり25〜30代にかけてピークに達します。

バランスよく女性ホルモンが分泌されると
周期的な排卵月経を促して女らしいまるみのある
カラダを作ってくれます。

バストの源になっているのがエストロゲン卵胞ホルモン)と
プロゲステロン黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンです。

エストロゲンは排卵直前の受胎可能日に分泌量がピークになり、
心身ともに男性を受け入れやすい状態を作ることから、
発情ホルモンと呼ばれます。

また脂肪細胞を増やす働きもあり、
女性らしい丸みを帯びた体を作っていきます。
思春期以降にバストがふくらむのは、
このエストロゲンによるものです。

プロゲステロンは排卵が起こると分泌が盛んになり、
約2週間分泌され、子宮がいつでも受精卵を
迎えられるように準備を整えます。

月経前にバストが張るような感じがするのは、
このプロゲステロンの働きによります。

加齢とともにこの女性ホルモンは分泌が不規則になり、
そしてほとんど分泌されなくなることにより
バストは萎縮していくのです。

エストロゲンプロゲステロンが上昇すると
乳房内の乳管が大きくなります。

その結果、乳房がふくらんだり触れると痛むことがあります。
この時期が最大のバストアップの時期です!

バストとは乳を作る乳腺とこれを取り巻く脂肪が主成分となる訳です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。