バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

乳腺と脂肪の関係〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


乳腺脂肪の関係

バストの大きさそのものを形成するのが、
乳腺脂肪です。

乳房はわかりやすくいえば、乳腺と脂肪組織からできています。
乳腺乳腺葉乳管など)は15〜20あって、
乳頭に集まってきています。

授乳経験のある方ならご存じでしょうが、
乳頭の先には小さな穴があって、
そこから母乳(乳汁)が出るようになっています。
乳腺は月経の周期に合わせて、膨らんだり、縮んだりします。
月経前になると乳房が張った感じがするのは、このためです。


乳腺の発達度合いによりバストの大きさが決まります。

そして脂肪は乳腺を守るためにその周囲についていきます。

乳房が小さいことを悩んでいる女性の中には、
自分には女性ホルモンが少ないと思い込んでいる人が
たくさんいます。

たしかに乳房の働きと女性ホルモンとには密接な
関係がありますが、でも大きさは別 の話。

乳房の大きさはむしろ、脂肪のつき方で差がでているだけなのです。
乳房が小さくても、乳腺がちゃんと発達していれば、
授乳にはなんの差し支えもありません。


乳腺の発達はホルモンのバランスが
関係するといわれていますので、
無理なダイエットを控え、規則正しい生活を
送るとホルモンバランスが整い乳腺の発達を促します。

規則正しい生活・食生活がバストアップには必要となります。


大胸筋

丸みを帯びたバストを支える、いわばバストの土台の役割を果たします。

大胸筋がしっかりしていないと、バストを支える事が出来ず、
バストの形が崩れてしまいます。

豊かなバストを美しい形のまま支える為に必要な存在です。

大胸筋を鍛えるエクセサイズマッサージなどを
行い理想的なバストをキープしましょう!


▲肌

バストの重さを上から引っ張る役割をする肌は、
張りと弾力がないとバストの重さを引っ張りきれません。

デコルテからバストにかけてバスタイムにしっかり
オイルやボディーローションを塗りケアしましょう。

張りのある肌を維持することもバストアップには重要になります。



バランスの良いバストと役割〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


バランスの良いバストと役割


バストと一言でいってもバストと言う言葉が示す内容は幅広く
一般的には「乳房」のことをいう場合が普通です。

平均的な日本女性の乳房は片方約180〜320cc(牛乳瓶2本分)に
なるといわれています。

バストの役割としては一般に赤ちゃんに授乳するために
あるといわれるバストですが、みなさんも知ってのとおり
セックスシンボルとしての役割もとても大きいです。
一言にセックスシンボルといっても、
単に異性を惹きつけるだけでなく女性らしさという意味でも
女性にとって大事な役割を持っているといえます。


また、バストのつくりとしては
下方向より上方向へ約3倍 外側より内側へ
約1.5倍動きやすいつくりといわれています。

より美しくバストアップをするためには
皮膚のハリを維持する必要があります。


バストの脂肪細胞はクーパー繊維と呼ばれる
鎖状につながった細胞などからできており乳腺とともに
女性ホルモンの影響を強く受けます。

その組織は10%の割合で構成されているといいます。

残りの90%は脂肪となります。

では たくさん食べて太れば胸は
大きくなってくれるかといえば
そうはいかないのが現実です。

おなかや脚の脂肪と違ってバスト脂肪
乳腺の発達につれて増えていくからです。

バストアップには食事の量より食事の質が大切です。

良質のタンパク質ビタミン酵素などバランスのよい食事
魅力的なバストアップには欠かせません。

タンパク質
タンパク質の摂取量が不足すると,
筋肉を分解してその不足分を補います。

そして結果的に,やせにくく太りやすい,
いわゆるリバウンド体質になってしまうのです。
したがってダイエットでは、最も不可欠な
栄養素と覚えておきましょう。


ビタミン

ビタミンの多くは生体内では酵素がその活性を
発揮するために必要な補酵素として機能するため、
その欠乏症はそれを補酵素として利用する酵素が
関与する代謝系の機能不全として現れてきます。


酵素

酵素は食べたものを消化吸収するばかりでなく、
息をしたり、筋肉を動かしたりと、一切の生命活動に
関与しています。

もし、酵素の働きがなければ、人間も動物も生きることはできません。
いわば、生命活動の主役であり、源です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。