バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

理想的なバストとは 〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


理想的なバストとは

理想のバスト ・・・

胸は大きければ良いという訳ではなく、
美しく見える形も重要です。

ここではバストが美しく見える理想的な形をを紹介します。

あなたのバストが今どういう形なのか把握して、
理想のバストを目指しましょう。

最近は携帯のカメラやデジカメなどで
手軽に撮影して見れますので、
写真にとって測るのが理想的です。

自分のバストを客観的に見る良い機会にもなると思います。

では「理想」といわれているバストの条件は?
バストの大きさの理想は?
大きさの理想は、身長×0,53といわれています。

例えば、身長が160センチの方なら、160×0,53=84,8ですから、
84,8センチという事になります。


バストの形の理想は?
バストの形は三角型・皿型・お椀型・半球型・円錐型・下垂型などに
分けられますが、理想的なのは半球型だと言われています。

バストの理想ラインは?
デコルテからの理想ラインには「黄金比率」があります。

鎖骨の中心から左右のバストトップまでの接点が
正三角形になることです。

バストトップの位置が肩と肘の中間あたりにあり、
左右のバストトップの距離が顔幅と同じなら、ベストです。

ゴールデントライアングルバストの理想ライン)

バストが美しく見える三角形があるので、
自分のバストで測ってみましょう。

@
まず、鎖骨鎖骨の間の中心点をとります。

A
そこから左右両方の乳首まで線で結びます。

B
最後に両方の乳首を線で結びます。
この測り方で出来上がった三角形が正三角形に
近ければ近いほど理想的なバストのポジション
いわれています。

ついでに・・・・・・

▲理想的な大きさを測る

美しく見える大きさというのもありますので、
ここでは理想的な大きさの測り方を紹介します。

@バストの直径を測ります。

Aバストの横から見た高さを測ります。

@とAの長さが同じくらいであればあるほど理想的な
バストのふくらみといわれています。


▲注意▲

ここで紹介したバストのポジション
大きさをした胸はあくまで理想的な形です。

これに近いバストを持った女性の方が
まれだという事ですのでご理解お願いします。

バストアップと女性ホルモンについて〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


バストアップ女性ホルモンについて

女性ホルモンって何?
女性ホルモンは卵巣から分泌されています。
女性ホルモンとは、エストロゲン卵胞ホルモン)と
プロゲステン黄体ホルモン)という2つの
ホルモンのことをいいます。

エストロゲンプロゲステロンという二つの物質が
女性ホルモンと呼ばれています。

女性ホルモンの働きは・・・「女性らしい体」を作る。

キメ細かい肌も豊かなバスト女性ホルモンの働きです。

バストアップの効果的な方法は何ですか?と聞かれたら、
様々な答えが返ってくると思います。

貴女はどんな方法を試していますか?
バストアップエクササイズを毎日続けているのですか。

それとも...

バストの発育と女性ホルモンは密接な関係にあります。

小学校から中学にあがるころに女性ホルモンの働きが
活発になり始め、乳房がふくらみ始めます。

18歳前後で成熟した大人のバストになるわけですが、
なんらかの影響で女性ホルモンの働きが不十分であると、
バストの発育が促進されず、小さいままで発育が
止まってしまう場合もあるわけです。

女性ホルモンにはエストロゲンプロゲストロンの2つがありますが、
どちらもバストの発育にとって重要な役割を持っています。

生活習慣が乱れていたり、偏食が多いと女性ホルモン
分泌バランスが崩れたりしますから、
まず最初にすることは生活習慣と偏食の改善です。

このベースが出来てから、いろいろ方法を試してみるのが
賢明ではないかと思います。

当然過度のダイエットは身体に害があるばかりか、
バストアップバストの張りを保つ事に対して悪影響を与えます。

魅力的なバストはやはり健康な身体に似合っています。


▲2つの女性ホルモンについて

プロゲステロン黄体ホルモン)は妊娠のホルモン
子宮の内膜を受精卵が着床しやすい状態に整え、妊娠したのちも、
妊娠を継続させる働きを持っています。

また、体温を上げる働きがあります。


エストロゲン卵胞ホルモン)は女性らしさのホルモン

思春期から分泌量が多くなります。女性らしいからだつきを作り、
子宮に作用して、妊娠に備え子宮の内膜を厚くしたり、
受精卵の着床を助けたりします。卵を作るホルモンでもあります。

また自律神経、感情の働き、骨、皮膚、粘膜、関節、
筋肉、胃腸、脳の働きにも、エストロゲン
大きくかかわってきます。


女性ホルモンは卵巣で作られ、
次のような働きがあります。

・女性特有の丸みをおびた体のラインにする
・女性の生理や妊娠をコントロールする
・肌や髪を美しく保つ
・骨を丈夫にする
・自律神経を安定させる
・記憶力を保つ
・食欲を抑制する



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。