バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

バストの構造について〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


バストの構造について

バストの形状及び大きさは皮下脂肪
乳腺組織大胸筋で主に構成されています。

乳腺の発達には個人差が大きいため、
大きさはさまざまです。

バストアップを図るためにはバストの
構造を知っておくことも大切です。

バストは、脂肪組織、腺組織、繊維組織で構成され、
血管、乳管脂肪乳腺、感覚神経があります。

バストの下部には、腕の動きを支える大きな筋肉、胸筋があります。


乳腺という名を聞いたことがあると思いますが、
バストの大きさはこの乳腺脂肪が大きく影響します。


無理なダイエットバストまでみすぼらしく
なってしまうのはこのためです。

また、胸筋大胸筋小胸筋)は土台として
バストを支える重要な筋肉です。

思春期の頃、女性ホルモンの働きが活発化になるにつれて、
乳腺がふくらみ始めます。

バスト皮下脂肪もつきはじめ、
ふっくらとした大人のバストへと成長していきます。

一概には言えませんが、
この頃に何らかの理由で女性ホルモンが不活発であったり、
偏食などでバスト皮下脂肪がつかないと扁平な
形の良くないバストになるわけです。

運動も形の良い、ふっくらとしたバストになるための
大事な要素です。

大胸筋が鍛えられていないと形の良いバストを
支えることはできません。

土台の悪い家が傾いてしまうのと同じ事です。

日々の生活を見直すだけでも、バストの悩みを
改善する糸口を見つけ出すことができるかもしれません。


大胸筋

胸全体の肉付きを保ち、乳腺脂肪を支える重要な筋肉です。
大胸筋を鍛えることでたるみの無い美しいバスト
維持することができます。


乳腺

乳汁を分泌する組織と作られた乳汁
乳頭まで運ぶ管から構成されています。

硬さや大きさには個人差もあり、生理周期でも変化します。

乳腺は20歳台をピークに退化して
脂肪組織に置き換わっていくのが特徴です。


脂肪組織

乳腺を囲むようにして脂肪組織が存在します。

この脂肪の大きさやによっても バストの大きさが変わります。

健康な身体に美しいバスト!〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」

健康な身体に美しいバスト


バストアップしたい!美しいバストを手に入れたい!

強く願う気持ちはわかりますが、
実現するためにはそれなりの行動がやはり必要です。

女性は、人間本来の身体の仕組みとして、
もともとバストが大きくなる要素持っています。

今、バストアップに悩んでいる人は、バストアップにつながる
体内組織の“隠れた力”を引き出せない常態なんです。

そのバストアップのための“隠れた力”を引き出すためには、
簡単にバストアップすることに必要なのが適度な運動、
食生活(栄養管理)、充分な睡眠なんです。

どれひとつが欠けても上手くは行きません。


健康な身体は筋肉も引き締まり、
スリムなボディラインを作り上げます。

その為に、特に衣食住に気を配った身体に
やさしい生活を送ることが大事となる訳です。

栄養の偏りだけではなく、精神のバランスの崩れも
肌やバストの張りに影響を与えます。

身体にいい物を毎日取り入れるようにし、
夜更かしや喫煙、深酒を避け、リラックスした生活を
心がけると最高です。

当然、運動も大事です。

ハードな運動ではなく、毎日継続できる運動、
特に大胸筋を鍛える運動を続ける事をお勧めします。

規則正しい生活、適度な運動を取り入れた生活を継続すると、
肥満防止だけではなく、痩せすぎることも防ぐことができ、
バストには適度な脂肪を蓄えられて、
見た目にも美しいバストラインを実現できます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。