バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

バストアップを目指す〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」

バストアップを目指す

女性なら誰もが願う、豊かで美しいバスト

程よい肉付きで張りのある、キレイな胸になりたいです。

バストが小さい人は、まずはその原因を知ることが大切です。

知っているのと知らないのとでは、
心構えはもちろん、結果もかなり違ってきます!


では、バストアップを目指すにはさまざまな方法があります。

その為に、バストアップの基礎知識をつけましょう。
またバストアップの方法もさまざまです。

バストアップサプリメント、食品、つぼ、
マッサージ、体操、クリームやジェル、
お手入れの方法、ブラジャーなどがあります。


健康的な身体には美しいバストが似合います。
また、健康的な身体にはバランスが取れたバストが多いようです。
いかに健康的な身体を作っていくか。

バストアップを実現する方法はいくつかあります。

大きさだけではなく、バストの美しさを保ちながら
バストアップを成功させます。

具体的にはどんな方法があるのか紹介します。


1.
まずは、バランスの良い食事、規則的な食事を心がけること。


2.
適度な運動を継続すること。

ハードな運動は続きません。
自分にあった運動を心がけることで、
ホルモンバランスを改善できることがあります。

特に、バストアップを念頭においたエクササイズ
毎日続けることができれば最高ですね。


3.
不足しがちな栄養バランスを、サプリメントなどで補う。


4.
下着を見直してみる。

バストの大きさや形に合っていないブラを
身につけていませんか?
ブラを見直してみるだけでも効果が出る場合があります。


5.
バストアップ専用サプリメントを試してみる。


6.
美容整形バストアップを達成する。


簡単にできてリスクが少ないのが
日々の食事とエクササイズへの取り組みですが、
早く効果を上げたいと願うのも当然のことです。

それぞれのリスクも考えながら
自分にあったものを取り入れると良いでしょう。

大胸筋をきたえよう!〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」


大胸筋をきたえよう!

バストの大きさに重要な役割を担っているのは
乳腺バスト皮下脂肪ですが、
そのバストを支えているのが大胸筋です。

大胸筋バストの土台となる存在です。
ゆがみのない大胸筋バスト
しっかりと支える役割をしています。

バストアップキレイなバストを保つのに大切な存在なんです。

バストにいくらボリュームがあっても、大胸筋バストを支える力がなければ
みるみるうちに下垂します。

この筋肉をきたえることにより、バストの張りを保ち、
出産後のバストの垂れ下がりや加齢と共にバスト
垂れ下がるのを防ぐことができます。

ただし、やり過ぎは禁物。
適正適度が大切です。

適度に自分のペースにあわせて継続するのが理想です。

大胸筋をきたえる方法は色々ありますが、
一番手軽で簡単な方法は合掌のポーズと腕立て伏せです。


1.
合掌のポーズ

両手の平を合わせて拝むポーズを作りますが、
肘をバストの高さまで上げて張り、両手は胸の前で
左右を押しつけるように力を入れていきます。
10秒間ぐらいをワンセットとして、
20セット前後を目安に行います。

厚めの本を両手に挟んで行っても効果的です。


2.
腕立て伏せ

本格的な腕立て伏せは女性にはキツイかもしれませんので、
最初は両膝をついた四つん這いの姿勢で
少ない回数から始めると良いでしょう。

慣れてくると、両膝を伸ばした通常の
腕立て伏せを行うようにします。

大体20回前後を目安に行います。


3.
ダンベルなどを利用したエクササイズ

仰向けに寝た状態でダンベル
(水を入れたペットボトルでも良い)を
持ち上げ両手を合わせます。
(「前にならえ」の状態を作ります。)

少し止めてから、両腕を真横に降ろしていきます。

これを繰り返しますが、10回ぐらいを目安に
2〜3セット行う事が理想です。

1〜3全てを行う必要はありませんので、
自分に合った方法を選び継続させる事が理想です。

このほかに、腹筋や背筋をきたえることも大切です。
ただし、くれぐれもやり過ぎには気をつけて下さいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。