バストアップ

バストアップ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

5大栄養素とは〜バストアップ〜

バストアップ「基礎知識」



5大栄養素とは〜バストアップ

バストアップバストの美しさを保つことと
5大栄養素は密接な関係にあります。

食べ物があふれ、栄養過多でダイエットに励む人が多い中、
見方を変えれば摂取している栄養素がかたよっていて、
ある意味、特定の栄養素については栄養失調に
なりつつあるかもしれません。

美しいバスト維持するためだけではなく、
身体の健康を維持する上でも、
5大栄養素をきっちりと理解し、
ただしく摂取することが重要です。

5大栄養素とは
タンパク質、炭水化物、脂質の3大栄養素に、
ビタミン、ミネラルの栄養素を加えたもので、
人が健康的な生活を維持していく上で、
必要不可欠な栄養素となっています。

5大栄養素

1.
タンパク質

三大栄養素のひとつであるたんぱく質は、
アミノ酸の集合体でその組み合わせによって、
筋肉、皮膚、血液、骨、酵素、髪の毛などを構成しています。

たとえば、筋肉や内臓などの構成成分であり、
皮膚の色やお酒に強いか弱いかなどの性質を
決めているのもたんぱく質です。

化学的に見ると、多くのアミノ酸が鎖状に
つながっているものがたんぱく質。

たんぱく質は体内に入ると、消化されて一旦アミノ酸に分解され、
それから再び、骨や筋肉、血液など、体内の様々な部分を
作る働きをするのに適した、様々な種類のたんぱく質に
作りかえられます。

これは、タンパク質の種類によって働き方が違うからです。

たんぱく質は体重の約1/5をしめ、
1gあたり4kcalのエネルギーを持っています。

ちなみに、たんぱく質を英語では「プロテイン」といいますが、
これはギリシャ語で「第一」という意味の言葉から生まれたものです。


2.
炭水化物

炭水化物3大栄養素の一つで大切なエネルギー源です。

糖質(炭水化物)は単糖類、2糖類、多糖類の3種類に分類されます。

単糖類・2糖類は急激に分解・吸収されるため、
血糖値も上がりやすく、中性脂肪も合成されやすくなります。

逆に、多糖類はゆっくり吸収されるため、
急激な血糖値の上昇もなく、中性脂肪もゆっくりと作られます。

2糖類と多糖類は唾液の酵素や、小腸の酵素により、
単糖類に分解され小腸より吸収されます。


3.
脂肪

脂質とは、たんぱく質、炭水化物と共に三大栄養素といわれています。

脂質は1gあたり9kcalの熱を発し、三大栄養素のうち、
最も高いエネルギーになります。

脂質には、体内ではつくることの出来ない必須脂肪酸が含まれており、
体の細胞膜の成分・ホルモンの材料となっています。

脂質はバター・サラダオイル・肉の脂などの
中性脂肪トリグリセライド)の形で体内に取り込まれます。

エネルギーが必要になると、体内の中性脂肪が
分解されて脂肪酸とグリセリンに分解されますが、
エネルギーとして使われるのは脂肪酸です。



4.
ビタミン

ビタミンとは、体の発育や維持に欠かせない栄養素ですが、
そのものにカロリーはありません。

ビタミンは、一般的にタンバタ貿と結合して酵素となり、
生理機能を調節して新陳代謝を円滑にする働きがあります。

一日に必要なビタミンの摂取量はごくわずかですが、
壊れやすいという性質があり、また人の体内で
合成する事が出来ないため、日常的に摂取する事が必要です。

毎日栄養バランスの良い食事をとっていれば
ビタミンが不足することはまずありません。

しかし、食生活が偏りがちな現代人や食事制限のある人では、
ビタミンが不足してしまう場合があります。

ビタミンが不足した状態が続くと、食べた物の
消化吸収がうまく行かず、疲れやすくなったり、
歯や骨の健全な発育成長に支障をきたしたり、
夜盲症や脚気など様々な疾患の原因になります。

また、食欲がなくなったりうつ病に
かかりやすくなったりもします。


5.
ミネラル  
ミネラルとは、体の機能の維持や調節に欠かせない微量栄養素です。

ビタミンとの違いは、ビタミンが元素からつくられる
有機物化合物なのに対し、ミネラルは元素そのものです。

人間の生命活動は細胞が作る数百種類の酵素の活動によるものです。

その酵素の働きを助けるのがビタミンで、
酵素を構成する要素となっているのがミネラルです。

体重の95%は酸素・炭水素窒素の4元素からできています。

残りの5%は、からだに必須の微量元素で栄養学的には、
ミネラルまたは無機質と言われています。

※元素・・・・あらゆるものをつくる基本の単位です。



それぞれの栄養素は相互に関連しあっていますので、
バランス良く継続的に摂取し、
美しい、豊かなバストを目指してくださいね。


輙筋(ちょうきん)〜バストアップ〜

バストアップ関係「ツボ」

輙筋(ちょうきん)

バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌も
促されるツボ

輙筋(ちょうきん)は、脇の下の下方にあるツボで、
真下より、指1本分手前に位置するツボです。

輙筋をツボ刺激すると、咳が酷いときや、
ぜんそくなどの際に呼吸が楽になるといわれています。

また、輙筋付近を指圧・マッサージすると、
リンパの流れが促されるのと同時に、
バストアップに欠かせない女性ホルモンの分泌
促されるので、バストアップボディライン
きれいにするなど、美容効果
促す助けとなるツボのひとつです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。