プチ整形

プチ整形 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

レチノイン酸 〜プチ整形〜

プチ整形基礎知識

レチノイン酸プチ整形


レチノイン酸はビタミンAの誘導体で、米国ではシワ、
ニキビの治療医薬品として、FDA(米食品医薬局)に
認可されており、皮膚の若返り薬として使用されています。

日本では認可されておりませんが、
米国の製品にさらに改良を加えたものを処方している
医院もあります。

シワというのは、皮膚の真皮にある弾力繊維が、
老化や紫外線などの影響で切れてしまい、
柔軟性がなくなった状態をいいます。

たとえるなら、劣化して弾力性がなくなりのびてしまった
ゴムのようなものと言えます。

当然、そのままでは、伸びきったままで
戻ることはないのですが、このレチノイン酸は、
皮膚内の古い繊維を溶かし、新しい繊維に切りかえてくれるので、
肌の弾力が戻るのです。

つまり、生まれ変わらせるような働きがあることになります。

使った人は今の状態よりは確実に若返ります。

レチノイン酸とは、トレチノインとも呼ばれ、
ビタミンA(レチノール)の誘導体。

体内に入ったビタミンAは、レチノイン酸に変わります。

レチノイン酸(トレチノイン)は、
角質をはがす・表皮の細胞をどんどん分裂させ、
皮膚の再生を促す・皮脂腺の働きを抑え、
皮脂の分泌を抑える・真皮でもコラーゲンの分泌を高め、
長期的には皮膚の張り、小じわの改善をもたらす・表皮内での
ヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、
皮膚をみずみずしく等の作用があります。

日本では、化粧品への配合が認められていません。
その代用としてレチノールを配合しています。

【レチノイン酸の効果・効用】

・皮膚に塗ると新陳代謝が高まり、
 シワやシミを改善する作用がある。

・米国では配合クリームがシミ・シワ治療用の
 医薬品として使用されている。

・日本では化粧品への配合が認められておらず、
 代わりにレチノールを配合した化粧品が使用されている。



ボトックス注入法とは〜プチ整形〜

プチ整形基礎知識」

ボトックス注入法とは〜プチ整形


ボトックスは、神経から筋肉への伝達をブロックして
筋肉の動きを止める作用があります。

ボトックス注入法はボツリヌス菌から抽出された
たんぱく質の一種で、筋肉を動かす神経伝達物質である
アセチルコリンの放出を止めるため、
シワに注入する事で、顔の筋肉の動きを止めることにより
シワをできにくくし、なくすことが可能です。

額や眉間、鼻の上部などを動かしたときに
深く刻み込まれた表情じわに、
とても有効です。

注入時間は10〜20分ほどで注入に伴う違和感は少なく、
痛みもあまりないです。

効果は、注入後3〜4日目に現れ始め、約6ヶ月と云われております。

また、ボトックスの有効な特性を活かし、
腋臭症、ワキガ、多汗症などの治療にも広く利用されています。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。