美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ルンブルクスルベルス〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ルンブルクスルベルス美容と栄養〜


ルンブルクスルベルスはレッドワームという
欧米原産の赤ミミズのことです。

ルンブルクス・ルベルス(学術名)は、現在3000種ほどいると
言われているミミズの中でも、ある地域にしか生息することの
出来ないミミズを掛け合わせ品種改良し独自に開発したミミズです。


ルンブルクスルベルスの内臓から
血栓溶解酵素ルンブルキナーゼという成分が
発見されました。

サプリメントにはこの内臓部部を
粉末にして用いられます。

従来の医薬品の血栓溶解剤は、
血管をも溶かしてしまう危険性があったため、
医師の管理下のみでしか使用できませんでした。

ルブンキナーゼは血栓のもとになる物質のみを
溶かすことができます。

その他、高血圧、高コレステロールにも
効果があるといわれています。


<LR末(ルンブルクスルベルス)の取得特許(国内5件)>

・第2015873号 血圧調整剤

・第2059972号 抗高脂血症剤

・第2059973号 糖尿病治療剤

・第2090412号 ミミズ乾燥粉末の製造法

・第3037355号 血栓症患者治療剤の製造方法


ルテイン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ルテイン
美容と栄養〜


ルテインはカロテノイド色素の一種です。

ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、
ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に
多く含まれる成分。


同じカロテノイドのゼアキサンチンとともに
目の黄斑部に存在して、健康を保っている物質です。

黄斑部は酸化や有害な刺激となる青色光などによって
変性し黄斑変性症と呼ばれる病気になります。

ひどくなると失明に至ります。

ルテインは抗酸化作用で目を酸化から守り、
また青色光を吸収する働きもします。

また、白内障、視力低下などにも効果を発揮します。

人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に
多く存在することが知られています。

特に眼の水晶体と黄斑部に存在する主要なカロテノイドは
ルテインとゼアキサンチンであるため、これらの部位が
正常に機能するために重要な働きを果たしている。

ルテインは、カロテノイドの一種。

子宮ガンの予防や糖尿病の改善にも
効果があるといわれています。

ルテインは、ほうれん草やブロッコリー、
ケール、マリーゴールドの花などに多く含まれています。


<ルテインの効果・効能>

視野に黒い斑点が見えたりする黄斑変性症や、近視、乱視、
白内障など、目の中の活性酸素が原因だとされる病気の
予防や軽減に効果があるとされる。

また、大腸ガンや皮膚ガン、子宮ガンなどにも
効果があるとされている。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。