美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

納豆〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

納豆美容と栄養〜


納豆とは、蒸した大豆に微生物のナットウ菌を
生やして発酵・熟成させた大豆発酵食品。

非常に優れた栄養を持ち、また消化に優れています。

良質タンパク質、大豆サポニン、ミネラル、
ビタミンB群、骨の形成に関わるビタミンKなどを
豊富に含んでいます。

また納豆特有の成分である、ナットウキナーゼは
血栓を溶かす作用があります。

また、血液をサラサラにするリノール酸、
細胞の老化を防ぐビタミンEが含まれ、
血管を若々しく保つことができるといわれている。

納豆100g中には、たんぱく質/16.5g、
カリウム/660r、ビタミンB1/0.07r、
ビタミンB2/0.56mg、ビタミンK/600μgなどを含みます。


【納豆の効用】

成人病予防/老化予防美肌効果

※血圧が気になる人は、納豆50gを
週3〜4回くらい食べると効果が
期待できるといわれている。


【納豆の保存方法】

冷蔵庫で保存 

納豆は菌が生きた状態のため放置しておくと
発酵がどんどんすすむ賞味期限内に必ず食べきる


ナタネ油〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ナタネ油美容と栄養〜


ナタネ(菜種)油は日本では安土桃山時代から
使われていたといいます。

アブラナ科アブラナからできるナタネ油不けん化物から
分離してできたもので、主成分は、イソフラボン類と
なっています。

簡単にいうと菜の花の種子から搾った油です。

オレイン酸、リノレン酸が多いのが特徴です。

キャノーラ油はカナダで改良された品種の
名前で特にオレイン酸を多く含みます。

クセがなくあっさりしているので日本では
好まれている油です。

サラダや天ぷら用に使用されます。

<注意>
一般に「サラダ油」と呼ばれている油は、
ナタネ油とダイズ油の調合油のことです。

日本でもっとも古くから使われている植物油で、
現在でも、市販されている植物油の3分の一を占めるが、
新型ナタネ油にしても安全性はまだ充分に確認されておらず、

米国食品医薬品局(FDA)は、
乳幼児用粉ミルクの中に入れることを禁止しています。


従来のナタネ油はエルシン酸を多く含んでいましたが、
エルシン酸のかわりにオレイン酸を増やした
タイプのナタネ油が新しいタイプのナタネ油です。

エルシン酸が心臓への弊害が報告された為、エルシン酸の
分量変更が行われました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。