美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

デキストリン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

デキストリン美容と栄養〜


デキストリン(dextrin)とは、トウモロコシの
デンプンを原料として加熱・酵素処理し、
消化されにくいデンプン分解物を精製・分離した
水溶性食物繊維のことをいいます。

腸内で食べ物の水分を取り込んで
"ゲル化"するという特性があります。

白色または淡黄色の粉末で、やや甘味があり、
水に溶けて粘着性を示します。

デキストリンは、健康食品の錠剤成型にも
用いられています。

水溶性の性質を水に溶けにくくした
難溶性デキストリンというものもあり、
これはいろいろなダイエット用あるいは
便秘の改善のために「食物繊維」としてサプリメントや
健康食品、加工食品に使われています。

化粧品用には、パウダーファンデーションなどの
粉状化粧品を固形状にするための結合剤として、
あるいはクリーム状化粧品では、粘度調整や皮膚への
吸着のために用いられています。

安全性のみでなく、低粘性、低甘味、熱および
酸に対する安定性、保存性などの物性にも
優れているために広範囲の食品への応用が可能です。

また、生理作用についても確認されており、
整腸効果、血糖調節効果などもあります。


低分子ヒアルロン酸〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

低分子ヒアルロン酸美容と栄養〜


低分子ヒアルロン酸とは、近年の技術の革新により、
ヒアルロン酸の分子量を小さくし、
体内に吸収しやすくしたものです。

ヒアルロンサンは分子量が大きくそのままでは消化吸収や
皮膚からの浸透性もあまりよくありません。

ヒアルロン酸の分子量は100万〜800万ですので、
ヒアルロン酸は分子量の大きい物質といえます。

美容整形でヒアルロン酸を注入する場合は
分子量が大きくても問題ありませんが、
人間の皮膚は通常分子量が3000程度でないと
浸透しにくくなります。

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間を埋める
働きのあるムコ多糖類の一種です。

きわめて保水量が高いのが特徴で1gで6gの水分を
保持します。

コンドロイチンと同じ働きをし、
相互で協力し合って働いています。

細胞組織の構築、細胞外液の水分調節、潤滑剤、創傷治癒、
体内の細胞の活性化、栄養素の運搬などの
働きをするとされていますが、
老化に伴って体内のヒアルロン酸量は
4分の1にまで減少すると言われています。

ヒアルロン酸をサプリメントなどによって
補填することによって動脈硬化などの生活習慣病の予防や、
美肌などの若返りにも効果があるといえます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。