美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

低比重リポタンパク質〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

低比重リポタンパク質美容と栄養〜


低比重リポタンパク質(LDL)とは、肝臓で
合成されて血中に分泌された
超低密度リポタンパク質(VLDL)という脂肪粒子が、
リポタンパクリパーゼという酵素によって
一部分解されてできるやや小さい脂肪粒子です。

低比重リポタンパク質
(low density lipoprotein,LDL)とは
4種類のリポタンパクのうち、コレステロールを
主に運んでいます。

コレステロールを多く含むため末梢組織に
細胞膜や生理活性物質の材料を送るという大事な
働きがありますが、これが多過ぎると血管壁の細胞内に蓄積して、
動脈硬化、血栓症(心筋梗塞、脳梗塞など)を合併し易くなります。

コレステロールを運ぶリポたんぱくにはもうひとつ
HDLとよばれる高比重リポタンパク
(high density lipoprotein)があります。

2つのリポタンパクはまったく逆の働きをしており、
HDLが体の隅々の血管壁にたまったコレステロールを
肝臓に運ぶのに対して、LDLは肝臓のコレステロールを
体の隅々に運びます。

末梢組織に細胞膜や生理活性物質の材料を
送るという大事な働きですが、これが多過ぎると
血管壁の細胞内に蓄積して、動脈硬化、
血栓症(心筋梗塞、脳梗塞など)を合併し易くなります。

LDLコレステロールが増えると、コレステロールが
増えて動脈硬化を促進する方向に傾くため、
LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

逆にHDLコレステロールは、体の余分な
コレステロールを肝臓に運び、動脈硬化の防止に
つながるため「善玉コレステロール」と呼ばれています。




テアニン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

テアニン美容と栄養〜


テアニンは玉露茶から見つけられ、緑茶の風味増強のために
食品添加物として使われている。

飲んだテアニンは脳内の神経伝達物質である
ドーパミンを増やし心身をリラックスさせる。
働きがあるといわれている。

テアニンはお茶特有の成分で、うまみ成分の
グルタミン酸に似た構造をしたアミノ酸の一種です。

お茶の木の根で作られたテアニンは葉に移動し、
日光に当たると渋味成分の
カテキン(ポリフェノール)に変化します。

そのため日光を遮って育てた、碾茶、玉露、
かぶせ茶などの茶葉にはテアニンが多く含まれます。

テアニンは、興奮を抑え、脳のアルファ波を
増やす効果があるので高いリラックス効果があります。

また、睡眠の質がよくなる、集中力が向上して
仕事の能率が上がるなどのヒーリング効果があります。

このほか、血流を改善して高血圧を解消する効果、
体温を上げて冷え性を防ぐ効果などがあります。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。