美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

大豆サポニン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

大豆サポニン美容と栄養〜


大豆サポニンとは、大豆や小豆を煮た時に出る泡の中に
含まれている有効成分。

大豆に含まれる渋みや苦みの主成分です。

大豆サポニンには強い抗酸化作用や過酸化脂質の
増加を抑える作用があります。

またコレステロールの吸収を抑え、
乳化作用によって分解する作用があります。

さらに、サポニンを長期間取り続けると、
消化管が脂肪を吸収しにくく変化するといわれています。

肌の老化防止や、動脈硬化の予防、高血圧、
肥満の改善などに効果があるといわれます。


<大豆サポニンの効果・効能>

豆腐を製造する過程では豆腐の風味に
悪影響だとして取り除かれているが、
近年、この大豆サポニンが重要な有効成分であることが
見直されてきた。

大豆サポニンは、有害物質を体外に排出する働きがあり、
そのため便秘解消や消化器系のガン予防に
効果があるとされている。

また特に余分な脂肪や糖分を体外に排出するとして、
中性脂肪の低下やダイエット効果もあると期待されている。
豆腐には大豆サポニンは含まれていないが、
豆乳には含まれているものもある。

大豆イソフラボン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

大豆イソフラボン美容と栄養〜


大豆イソフラボンは大豆胚芽に含まれる
フラボノイドの一種です。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲン様の
働きをする物質です。

体内では、女性ホルモンの不足を補う一方、
過剰な女性ホルモンの分泌を抑える働きもします。

女性ホルモン不足で生じる更年期障害の
緩和などに注目されています。

通常の食事からとる大豆イソフラボンでの
健康被害はないと考えられますが、サプリメント等で
過剰に摂取した場合には弊害が見られたとの
報告もあるので上限摂取目安量を越えないように
気をつけましょう。


<大豆イソフラボンの効果>
1.
50歳前後の女性が閉経期を迎える頃、
女性ホルモンのエストロゲンが激減します。

そうなるといらいら、めまい、手足の冷え、
頭痛などさまざまな不快な更年期障害といわれる
症状がおきやすくなります。


2.
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと
同じような働きをする成分で、閉経期前後の女性に
起きる不快な症状を緩和する働きがあります。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。