美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

そば〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

そば美容と栄養〜


蕎麦(そば)は、穀物のソバの実を加工して原料とした、
日本の麺類の一種。歴史も古く、うどんと並んで
日本食における麺食の双璧をなす。


そばには他の食物にくらべビタミンB群を豊富に含まれています。

例えば小麦粉に対し、そば粉の蛋白質は約2倍、ビタミンB1は3倍、
B2は2倍もあり、白米に比べても、せんい質は3倍、カルシウムは9倍
、鉄分はなんと10倍も 含まれています。

更には肝臓を強くする成分(メチオニン)
をきれいにする成分(シスチン)そして成人病予防にかかせない
ビタミンE等、いろいろと含んでいます。

特に他にはみられない【ルチン】という成分があります。

これは血管を丈夫にして血圧を下げる役目を
持っていることで注目されています。

そばにはトリプトファン、スレオニン、リジンなど
必須アミノ酸やビタミンB群、無機質が
豊富に含まれています。

特にそばに含まれるルチンというフラボノイド化合物は、
ビタミンCの吸収を助け、高血圧や動脈硬化の
予防に有効とされています。

ただし、ルチンはそばをゆでるときに
そば湯に溶け出してしまうため、
そばそのものにはあまり含まれません。

他にルチンを含むものには、
エンジュ(葉、つぼみ、未熟な実)、タバコの葉、
ジャガイモの花、トマトなどがあります。


セントジョーンズワート〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

セントジョーンズワート美容と栄養〜


セントジョーンズワートとは、セイヨウオトギリソウとも
呼ばれるハーブの一種。


古来より使われてきたハーブで、
抗炎症作用があるため、傷を癒すハーブとして
親しまれてきました。

現代では、その鎮静、抗鬱作用により、
落ち込みを解消するハーブとして有名です。

セントジョーンズワートは、アメリカで
『気分を向上、安定させるためのサプリメント』 として、
ドイツでは 『うつ病の治療薬』 として利用されている
天然ハーブ。

穏やかな鎮痛作用もあるので、
生理痛にも用いられます。

咳の出る時、更年期の落ち込み、
生理不順にも用いられます。

オイルに浸したものを外用すると、
切り傷や軽いやけど、肩こり、
筋肉痛の解消にも役立ちます。

最近の研究では、セントジョーンズワートに
含まれるヒペリシンとプソイドヒペリシンには、
HIVウイルスをはじめとするレトロウイルスの
増殖を妨げる作用も発見されています。

また、食欲を抑える効果があることもわかり、
肥満解消の効果も期待されています。

ただし、鎮痛薬、抗うつ薬(SSRI)などの医薬品を
服用している場合は、薬の効き目が弱まったり
副作用が強く出る場合があるので
医師に相談することが必要です。


<セントジョーンズワートの効果・効能>

古くからヨーロッパなどではうつ病の
治療薬として用いられてきた。

セントジョーンズワートには抗うつ効果のほかに
生理通の緩和や解毒作用、鎮痛作用、胃潰瘍の緩和、
リウマチや坐骨神経痛などにも効果があるとされる。

さらには食欲を抑制する働きもあるとされ、
ダイエット効果も期待されている。


<セントジョーンズワートの有効成分>

セントジョーンズワートは黄色の花を咲かせる薬草で、
主にヨーロッパ、北アフリカ、中央アジア等に生息している。

その含有成分はヒペリシン、ヒペルフォリン、フラボノイド、
ルチン、ヒペロサイドなど複数種類含まれていて、
どの成分が作用して効果をもたらしているのか
完全には解明されていない。

ただし、ヒペリシン以外の成分は他のハーブにも
広く存在するのに対し、ヒペリシンは
セントジョーンズワート特有のものであることから、
ヒペリシンが主に作用していると考えられている。

その標準含有量は
「セントジョーンズワートエキスに対し0.3%」 となっており、
製品を選ぶ際はこのヒペリシンの含有量が
明示されているものを選んだ方が良い。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。