美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

食物繊維〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

食物繊維美容と栄養〜


食物繊維は5大栄養素
(糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル)に続く
第6の栄養素として重視されています。

食物繊維とは、食品中の成分のうち、人の消化酵素で
消化されにくい成分のことをいいます。

消化酵素では消化されない難消化成分で、
不溶性食物繊維と水溶性食物繊維に大別されます。

不溶性食物繊維には穀物や野菜に含まれる
「セルロース」や「ヘミセルロース」があります。

水溶性食物繊維には果物に含まれる「ペクチン」や、
こんにゃくの「マンナン」、海藻に含まれる
「アルギン酸」などがあります。

不溶性食物繊維は 便量を増し便の硬さを
適度にしながら移動し 腸内にビフィズス菌などの
良い菌を増やす働きがあり、水溶性食物繊維は
大腸の粘膜の保護をし、また余分なコレステロールに
吸着して排泄を促す働きもあります。


<摂り過ぎは下痢のもと>

食物繊維は、過剰摂取すると下痢の症状を
引き起こしてしまい、必要なミネラル分まで
排出させてしまうので、注意が必要です。

<食物繊維の別名>

ダイエタリー・ファイバー

植物ステロール〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

植物ステロール美容と栄養〜


植物ステロールは、果物、野菜、植物油、ナッツ、
穀物に含まれているステロールという成分の総称です。

ステロールはアルコールの一種で、3位 に水酸基を持つ
炭素数27〜29のステロイドの総称です。

遊離状、エステル型、配糖体等の形で、
動植物界に幅広く分布しており、生体膜の重要な
構成成分でもあります。

一般 に、動物ステロールとして、コレステロールが、
植物ステロールとして、スチグマステロール、
シトステロール、カンペステロール等が、
また菌類ステロールとして、エルゴステロール等が
知られています。

主なものにスチグマステロール、ベータシトステロール、
カンペステロールなどがあります。

コレステロールに類似した構造をもち、
動物性食品に含まれるコレステロールの
体内での吸収を阻害します。

そのため血液中の総コレステロールと
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げる働きをし、
動脈硬化の改善と予防などに効果が期待されます。

また、ベータシトステロールには免疫機能を高める
働きもあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。