美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

女性ホルモン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

女性ホルモン美容と栄養〜

女性ホルモンとは女性の卵巣から
分泌されるホルモンです。

その数は70種類以上存在し、脳の視床下部、
甲状腺、卵巣、睾丸などの内分泌腺で作られ、
血液の流れにのって、様々な組織や臓器に刺激を
与えることによって、情報を伝達する働きをもっています。


卵巣から分泌される「卵巣ホルモン(エストロゲン)」と、
排卵後に卵巣の黄体から分泌される
「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の2種類があります。

エストロゲンは卵巣や子宮を発育させ
「女性らしいからだ」を作ります。

また動脈硬化を防いだり骨にカルシウムを
蓄えるなどの働きもします。

プロゲステロンは、妊娠や出産に
関わるホルモンです。

<女性ホルモンは卵巣で作られ、
     次のような働きがあります。>

・女性特有の丸みをおびた体のラインにする
・女性の生理や妊娠をコントロールする
や髪を美しく保つ
・骨を丈夫にする
・自律神経を安定させる
・記憶力を保つ
・食欲を抑制する


春菊〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

春菊美容と栄養〜


春菊の歴史は古く、17世紀末の農業全書の中に
記述があるくらい昔から食べられてきた野菜である。

春菊は菊菜とも呼ばれます。

βカロチンが豊富で、ビタミンA・B・C・カルシウム・
カリウム・鉄分などを含んでいます。

中国では春菊は肺を潤して咳や痰を鎮めるといわれ、
風邪の予防にぴったりです。

春菊の独特の香りは自律神経に
作用し胃腸の働きを活発にします。

食物繊維も多く便秘にも効果的です。

また100gで1日に必要ビタミンAを
摂取することが出来ます。

春菊100g中には、鉄/1.9mg、カルシウム/90mg、
カリウム/610mg、カロチン/3400μg、ビタミンB2、
食物繊維/3.2gなどが含まれます。

食用意外では、春菊の生汁をしぼって、
うち身やねんざに温湿布したり、青汁でしもやけを
マッサージすると効果があります。

また、春菊を伸長した茎葉をそのまま陰干しし、
布袋につめて風呂に入れると、からだがあたたまり、
肩こり、神経痛、冷え性などに効きます。


<春菊の栄養素(食材100g当たり)>

・カロチンが4,700μg
・ビタミンB1が0.1mg
・ビタミンCが21mg
・カルシウムが120mg
・鉄が1.9mg
・食物繊維が1.0g

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。