美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ししとう〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ししとう美容と栄養〜


ししとうとは、唐辛子の甘味種。

成熟すると赤くかたくなるが、普段食べているのは
熟していないもの。

ししとう100g中には、カリウム/370mg、ビタミンC/90mg、
カロチン/2910μg、食物繊維/3.8g、ビタミンA/48μgが
含まれます。

しし唐辛子には、夏バテ防止、がん、糖尿病の予防、
高血圧の改善、老化の予防に効果があります。

油と一緒にとることで、カロチンの吸収率は高くなりますが、
加熱時間は短い方がビタミンCの損失を防ぐことができます。

※1μg(マイクログラム)=1/1000mgです。

【ししとうの旬(栽培)】

5月下旬〜11月上旬 

【ししとうの保存方法】

常温保存可能 

1日 

冷蔵保存可能 

ぎゅうぎゅう詰めのパックの場合はパックから取り出し、
ポリ袋に移し変え、3〜4日 

冷凍保存不可

脂質〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

脂質美容と栄養〜


脂質とは糖質と同様エネルギー源となる
栄養素です。

脂質は身体に必要な三大栄養素のひとつで、
体内ではエネルギー源となります。

なたね油、ごま油などのような「油」と、
バター、マーガリン、牛脂、豚脂のような「脂」があります。

1gあたり9kcalの熱量を発します。

脂質の主な構成成分は「脂肪酸」で、
「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」とがあります。

飽和脂肪酸は、肉類、牛乳、乳製品、チョコレートなどに
多く、不飽和脂肪酸は植物性油脂や魚の脂に多く
含まれている。
「飽和脂肪酸」は、ふだんから多く摂取していると、
血液中にコレステロールが増えすぎ、動脈硬化や
さらには脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの疾患を招くため、
注意が必要。反対に、「不飽和脂肪酸」は血液中の
コレステロールを減らす働きがある

糖質の熱量は1gあたり4kcalなので、
脂質は効率のよいエネルギー源といえます。

また、脂質には体の中でつくることのできない
必須脂肪酸が含まれており、コレステロールや
リン脂質は生体膜の主要構成成分となります。

脂溶性ビタミンのビタミンA・D・E・Kの
吸収の際にも必要となります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。