美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

さやえんどう〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

さやえんどう美容と栄養〜


さやえんどうとは、えんどう豆の仲間のうち、
若いさやを食べるもの。

さやえんどう100g中には、たんぱく質/3.2g、
ビタミンB1/0.15mg、カリウム/220mg、ビタミンC/55mg、
カロチン/630μg、ビタミンA/105μgが含まれます。

成長段階で、若いうちにつんだ「さやえんどう」、
完熟前に摘んだ「グリンピース」、
完熟して乾燥させた「青えんどう」という風に
呼び名が変わっていく食物。

さやえんどうは、がん、肌荒れ、風邪の予防、便秘、
高血圧の改善などに効果があります。

さやえんどうに含まれる、βカロチンとビタミンCの
両方の抗酸化作用によって、発がん抑制に効果があります。

※1μg(マイクログラム)=1/1000mgです。


【えんどう豆の栄養】

ビタミンC、ビタミンB1、B2、カロチン、
食物繊維、カリウム、鉄が豊富。

ビタミンC、カロチン、ビタミンB群が免疫力を高め、
風邪を予防してくれる。

また、ビタミンCはお肌にツヤを与え、シミ、
ソバカスを防ぐ働きももつ。

【さやえんどうの旬】

3〜6月

さやいんげん〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

さやいんげん美容と栄養〜


マメ科。隠元(いんげん)豆をサヤごと若採りしたもの。

さやいんげん100g中には、たんぱく質/2.4g、
ビタミンB1/0.11mg、カリウム/280mg、食物繊維/2.4g、
カロチン/480μg、ビタミンA/81μgが含まれます。

さやいんげんは、1年に3度収穫ができ、
関東では三度豆とも呼ばれている。

さやいんげんの豆の部分に含まれている
たんぱく質には、必須アミノ酸であるリジンやアスパラギン酸が
多く含まれ、疲労回復効果や、体の組織の修復を促し、
肌や皮膚を整える働きがある。

さやいんげんに豊富に含まれる栄養素として、生体膜を守り、
がん細胞の増殖を抑制すると言われるβ(ベータ)−カロチン、
細胞の結合を強化するコラーゲン生成を助ける美容作用や、
免疫を強化し風邪を予防する働きがあるビタミンC、
便通を促し、コレステロールを低下する作用がある
食物繊維などが挙げられる。

さやいんげんには、高血圧、便秘、疲労改善、
がんの予防といった効果があります。

抗酸化作用が強く、細胞の酸化を抑えるためがんを抑制します。

※1μg(マイクログラム)=1/1000mgです。

【旬】

一年中出回って味もあまり変化しませんが、
本来の旬は6月から9月です。

【さやいんげん栄養素(食材100g当たり)】

・食物繊維が2.5g
・カロチンが3.300μg
・ビタミンB1が0.09mg
・ビタミンB2が0.22mg
・ビタミンCが75mg
・カリウムが420mg
・鉄が3.0mg


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。